「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について

「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について

 

働く上で、心身の健康に気を配ることは基本的なことです。ですが、看護師も人間です。どんなに気をつけていても体調を崩してしまい、「仕事に行かなくてはいけないけれど体調が悪い……」という状況に陥ることがあります。

 

そこで今回は、看護師の病欠について考えていきましょう。

 

まず、看護師として働く人には知っておかなくてはいけないことがあります。それは、看護師が病欠をするときには、一般企業とは異なる点があるということです。

 

「患者さんに移さない」ために休まなくてはいけない時もある

 

一般企業の場合、一緒に働く人は元気な大人達です。仮に自分の風邪を移してしまった時、業務上多大な迷惑を掛けてしまうことはあっても、命に関わることは稀です。

 

ですが病院で働く看護師の場合、看護を提供する相手は患者さんです。患者さんの中には、免疫力の低下している人が多くいます。そのため、自分が風邪を移すことによって、直接患者さんの命に関わってくる場合があるのです。

 

病気になったとき、「自分が休むと迷惑を掛けてしまう」という理由から、「どうにか頑張って出勤しようか」という気持ちになることもあるでしょう。

 

しかし看護師の場合は、無理矢理出勤することで人の命に関わる場合があるということをしっかり認識しておかなくてはいけません。症状の程度に関わらず、休まなくてはいけないときもあるのです。

 

「感染症か分からない」というときはまず受診を

 

人に移しやすい感染症に罹患してしまった場合には、仕事を休まなくてはいけません。ですが、時には「これは感染症なのか分からない」という場合もあるかもしれません。

 

例えばインフルエンザが流行っている時期に、「熱は微熱程度だけれども、咳が出てのどが痛い」という症状が出現していたとします。

 

この場合は、「ただの風邪かな」と自己判断せずに、必ず受診して検査をしてもらうようにしましょう。これは、患者さんの命を守るために必要なことなのです。

 

特に、感染症の流行時期には、自分自身の体の状態にも敏感になるようにしましょう。

 

感染症ではない場合も仕事を休むことはできる

 

上述したように、もしもあなたが感染症に罹患してしまった場合には、患者さんに移さないために欠席する必要があります。

 

それでは、感染症でないけれども体調不良の場合には休むことができるのでしょうか。

 

例えば、生理の時に腹痛の症状が強く出てしまう人がいます。「生理は病気ではない」とは言うものの、ひどい腹痛に苦しんでいるときには、仕事が全く手に付かない状態になってしまいます。

 

このような場合に休めるかどうかは、職場の就業規則によります。

 

職場によっては、就業規則の中で「生理休暇」が設けられているところがあります。そのような職場では「生理による体調不良」を理由に欠席することができます。

 

ですが、生理休暇がある病院はまだまだ少数というのが現実です。そこで生理休暇がない病院の場合はどうしたらよいかというと、「職場のスタッフに電話連絡し、自分の体調を伝える」という対応をとることができます。

 

看護師が忙しくなるかどうかというのは、その日の「患者数」「スタッフ数」「患者の重症度」などによって変わってきます。

 

そのため、体調不良を感じたら職場に連絡し、師長やリーダーと相談してみましょう。「今日は患者数が少ないから休んで大丈夫」と言われる場合もあれば、「体調が落ち着いたら午後だけでも出勤してほしい」と言われる場合もあるかもしれません。

 

もちろん、体調がとても悪くて働けない場合には、具体的にその症状を伝えて休みをもらうべきです。ですが、「働けるかもしれないが体調があまりよくない」という場合には、先述したような対応を取ることがベストだと言えます。

 

体調不良を感じたら、とにかく早めに連絡を

 

ここまでみてきた感染症や生理による体調不良の他にも、急な体調不良を感じる場合は多々あります。

 

例えば、夜の22時に「明日は日勤だけれども、悪寒がして熱が上がってきたようだ」というような場合です。これは、「もしかしたら熱は下がるかもしれないけれども、このまま熱発して仕事に行けないかもしれない」という微妙な状況です。

 

このように「明日は行けなくなるかもしれない」というような体調不良を感じたときには、早めに職場に連絡をするようにしましょう。

 

クリニックや外来は勤務時間が日勤帯のみであることが多いため、連絡はその時間帯しかできません。その場合は、看護師が出勤する時間になったらすぐ連絡しましょう。

 

また、クリニックや外来の部署によっては、緊急時連絡用に師長やリーダーの連絡先が知らされている場合があります。そのようなときには、なるべく早く師長やリーダーに体調不良を伝え、翌日の勤務をどうするかについて相談しましょう。

 

病棟など24時間人が居る部署の場合には、連絡はいつ行なっても大丈夫です。

 

「夜中に電話するのは申し訳ないから朝になってからにしよう」などと遠慮する必要はありません。病棟は24時間人が居るため、いつ電話をしても対応可能なのです。

 

早めに連絡すればするほど、スタッフの調整がしやすくなります。日勤の朝になって急に「行けません」と言うよりも、あらかじめ言ってもらった方が対応しやすいのです。

 

休んだ場合には、フォローを忘れずに

 

どのような理由であれ病欠したときには、周りのスタッフへのフォローが重要です。

 

体調不良により欠席することは仕方がないことです。ですが、あなたが欠席したことにより、あなたの分の仕事を他の人が代わりにやってくれたことは事実なのです。

 

そのため、特にあなたが休んだ日に同じシフトで働く予定だった人に対しては、次回出勤で顔を合わせたときに「この前はありがとうございました」と相手にしっかりと感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。その際、お菓子などを差し入れしてもよいです。

 

ここまでみてきたように、体調不良というのは誰にでも起こりうることなのです。

 

病欠するのは仕方がありません。大切なのは、「早めに連絡すること」「周りの人にしっかりフォローすること」です。

 

病欠するときにはこの2点を忘れないようにしましょう。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法

 


「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト