ブランクあり看護師の不安解消! 復職研修やおすすめ再就職先

ブランクあり看護師の不安解消! 復職研修やおすすめ再就職先

 

看護師の資格は、一度取得したら一生使うことができます。そのため、自分の人生で好きなタイミングで働くことが可能です。

 

しかし実際は、臨床を離れた看護師がブランク空けに働こうと考えたとき、様々な不安が頭をよぎって最初の一歩を踏み出せない人も多いのではないでしょうか。臨床から離れた期間が長いほど、「採血のやり方忘れちゃった」「医療の知識がたいぶ薄れてしまった」「また看護師といて働けるのだろうか」という不安が大きくなります。

 

実は、私自身がそうでした。私は総合病院小児科で5年勤務後、出産のために退職しました。3年のブランクを経て、「家のローン代」「子どもの育児費用」などを補うために働こうと思ったのですが、「そもそも看護師といて働いていけるのだろうか」という不安が強く、思わず看護師とは全く無関係のバイトを探してしまったほどでした。

 

ですが、いろいろと調べているうちに、看護師の仕事は他の仕事と比べて時給が高い上に、看護師ならではの大きなやりがいを得られるということに改めて気がつきました。看護師資格を持っているならば、これを生かさない手はありません。

 

今回は、ブランクのある看護師が少しでも不安なく新たなキャリアを築いていけるよう、研修やおすすめの再就職先をお話していきます。私自身の経験談も含んでいますので、ぜひ参考になさってください。

 

採血などの手技が不安な看護師におすすめの「復職研修」

 

どこで働くかにもよりますが、病院やクリニックで働こうと思ったときには「採血」などの看護技術が必要とされます。今まで採血に自信があった人でも、そして私のように採血ほぼ未経験の人も、「採血が不安で再就職できない」とう人は多いことと思います。

 

このような人におすすめなのは、「復職研修」です。

 

各都道府県の看護協会、ナースセンターでは、採血などの看護技術に不安がある看護師向けに「復職研修」を行なっています。このような研修に参加すれば、実際に働き始めたときの不安が少なくなります。

 

また、都道府県によっては看護技術研修の他にも、「臨床で必要とされる知識」「最近の医療の動向」などについての研修を行なっているところもあります。復職前、看護の手技・知識に不安がある人は、まずはこのような研修に参加してみましょう。

 

「看護師単発バイト」で復職前のリハビリを

 

手技に関しては、先述した通り「復職研修」に参加することで不安を和らげることができます。

 

ですが、ブランクありの看護師が復職を躊躇してしまうもう一つの理由として、「久しぶりに仕事をするということへの不安」もあるのではないでしょうか。

 

私の場合はそうでした。3年間家事・育児だけをしていた私は、久しぶりに働くことになったとき「そもそも仕事というものをするのが不安」という状態に陥っていたのです。「うまく人とコミュニケーションを取りながら働けるかな」「家事・育児との両立はできるかな」など、働くことへの不安はつきませんでした。

 

そんなときに見つけたのが、看護師の単発バイトです。

 

看護師の単発バイトには、健診・デイサービス・老人ホーム・訪問入浴・クリニックなど様々な種類があります。どれも1日単位の仕事であり、自分の空いている日に1日限定で働くことが可能です。そのため、本格復帰前に「そもそも働くことへの不安がある」という人には、ぜひ単発バイトをしてみて欲しいと思います。

 

実際に私もブランク期間中、単発バイトに登録しました。

 

私の場合は小児科経験しかなく、採血等の手技も全く自信がなかったので、看護技術が必要のないバイトを紹介してもらいました。すると、健診・デイサービス・保育園ナースのバイトを紹介してもらうことができました。

 

健診バイトというと採血必須のようなイメージがありますが、実際にはそのようなことはありません。身長体重測定のみや、書類整理だけという求人もあります。デイサービスについても、「胃瘻・ストマケアが必要ない施設」を選んでもらえば、看護技術に不安を持っている看護師でも働くことができます。保育園単発バイトの求人は少ないそうですが、これであれば子育て経験を生かして無理なくできそうだと感じました。

 

このように、単発バイトは種類が豊富です。「仕事をすることへの不安がある」ということの他にも、「老人ホームに転職希望であるため、老人ホームの仕事を体験してみたい」というような場合にも、単発バイトは役に立ちます。

 

次に、実際に再就職するときの職場選びについてみていきましょう。

 

看護師の再就職先には「初心者・ブランク可」の病院・施設がおすすめ

 

再就職先について考えたとき、病院・クリニック・施設・保育園など様々な職場が思い描かれると思います。ですが、そのいずれに就職するとしても、絶対に欠かせないポイントとして「初心者・ブランクナースに優しい病院・施設かどうか」ということがあります。

 

新しく働き始めた看護師へのサポート体制は、病院や施設によって本当に様々です。

 

研修があったり、担当看護師を付けるなどして丁寧にサポートしてくれるところもある一方で、就職初日からいきなり放置されるという残念なところもあります。そのため、ブランクのある看護師へのサポート体制などについては、確認しておくことを欠かさないようにしましょう。

 

それではこれから、ブランク明けの再就職先にはどのような選択肢があるのかについて、具体例をみていきます。

 

高収入を得たい人におすすめの職場

 

「子どもの学費がかかる」「住宅ローンの返済がある」などの理由で、なるべく高収入を得たいと考える人がいます。世間一般の水準から比べると看護師は高収入です。ですが、その中でも以下の職場・働き方では、特に高年収を得ることができます。

 

美容外科・美容皮膚科クリニック看護師

 

看護師の中で高収入を得られる代表格とも言える職場が、美容クリニックです。

 

なぜ美容クリニックは一般のクリニックと比べて高収入を得られるのかというと、自費診療だからです。

 

一般のクリニックにおいて、保険適応でなされている診療は、「診療報酬」に基づいて行なわれています。診療報酬とは簡単に言うと「治療のメニュー表」のようなものであり、全国どの病院で治療を受けても、同じ治療であれば同じ値段で診療を受けることができるのです。しかし裏を返せば、診療報酬があることによって、各病院の収入には限界があると言うこともできます。

 

一方、美容クリニックでなされている治療は、ほとんどが保険適応外です。治療に必要な金額はクリニック側が自由に設定できるため、一般のクリニックよりも収入が多くなりやすいです。その一部が人件費となり、看護師の時給が高くなります。

 

美容クリニックで働くメリットは、先述した通り高収入が得られるという点です。ほとんどの美容クリニックでは、日勤のみにもかかわらず、常勤で平均500万円もの年収を得ることができます。日勤だけにも関わらずこの年収は、とても魅力的です。

 

美容クリニックは、とても専門性が高い領域です。そのため、美容に興味がある人にとってはやりがいを持って楽しみながら仕事ができます。

 

ですが、逆に言えば専門性が高い分、覚えなくてはいけないことが多いというのがデメリットとなります。看護師が実際に脱毛やケミカルピーリングなどを施行することもあるため、一人前になるには少し時間がかかります。

 

美容クリニックも、「日勤」「非常勤」「パート」など、自分の働き方に合わせて様々な勤務形態を選ぶことができます。「日勤のみで高収入を得たい」「美容に興味がある」という人は、検討してみるとよいでしょう。

 

夜勤専従看護師

 

総合病院や介護老人保健施設で働く看護師には、夜勤があります。ですが、そのような病院で働いている看護師が皆、夜勤をできるわけではありません。「持病がある」「子どもが小さい」などの理由により、夜勤ができない人もいるのです。

 

そこで活躍するのが、「夜勤専従看護師」です。夜勤専従看護師は、夜勤だけをする看護師のことです。夜勤勤務が必須な総合病院や介護老人保健施設では、とても重宝される存在です。

 

夜勤専従看護師として働く最大のメリットは、給料の高さです。夜勤をすると、通常の時給とは別に夜勤手当が支給されます。病院によっては、それに加えて夜勤専従手当が支給されることもあります。

 

それにより、夜勤1回毎の平均給料は3〜4万円にもなるのです。

 

また、勤務日数が少なくて済むというのも魅力です。夜勤は心身に影響がある勤務形態であるため、「夜勤専従の場合は月に144時間以下」という目安があります。これは、2交代制の16時間夜勤で月9回分に相当します。つまり、働くのは月に9回だけでよいのです。

 

少ない勤務日数で高収入を得ることができるのが、夜勤専従看護師の魅力です。空いた時間は家庭やプライベートなど、自由に使うことができます。

 

一方夜勤専従看護師のデメリットは、心身共にハードであるということです。特に夜勤は、その人の体質によって「合う・合わない」があります。今まで夜勤をしていて、「頭が痛くなる」「体調が悪化する」など症状が出てしまう人は、止めた方が良いでしょう。

 

ですが、夜勤ができる環境があり、夜勤が嫌いではない人は、是非一度検討してほしい働き方です。先述したように、短時間で高収入を得ることが可能だからです。

 

夜勤専従看護師としての働き方は、「常勤」「非常勤」「パート」など様々です。そのため、自分の生活に合わせて雇用形態を選ぶことができます。

 

また、ブランク空けの看護師が不安になることの一つに、「初めはうまく働けないだろうから、いきなり夜勤はハードルが高い」という問題があります。ですが、心配はいりません。病院によっては「慣らし日勤」という、まずは日勤で業務に慣れてから夜勤専従として配属してくれる場合もあるのです。

 

そのため、「高収入を得たい」「短時間しか働けない」「夜勤ができる環境がある」という人は、ぜひ一度検討してみるとよいでしょう。

 

プライベートとのバランスを取りながら働きたい人におすすめの職場

 

それでは次に、家庭や趣味の時間など、プライベートとのバランスを取りながら働いていきたい看護師におすすめの職場・働き方を紹介していきます。

 

クリニック勤務

 

「クリニック勤務」と言えば、再就職先を希望する多くの看護師が最初に思いつく職場ではないでしょうか。

 

クリニックをおすすめできる理由はきちんとあります。それは、「日勤のみ」「自分の経験のある領域で勤務可能」「短時間勤務可能」という3拍子が揃っているからです。

 

クリニックは、入院設備がありません。そのため、「子育て中で夜勤ができない」「体力的に夜勤は不安」という理由で日勤しかできない人にとってはありがたい職場となります。

 

またクリニックには、内科、小児科、精神科、検査専門クリニックなど多種多様な専門クリニックがあります。そのため、自分が今まで経験したことのある専門領域で働くことができるのも、クリニック勤務の大きなメリットになります。

 

さらにクリニック勤務の場合には、短時間勤務可能なところが多くあるのも特徴的です。

 

私の友人で、週に3日午後だけ耳鼻科クリニックで働いている人がいました。時給は2000円であったため、限られた勤務時間でもまとまった収入を得られたことになります。クリニックの数自体はたくさんあるので、自分に合った条件の病院を見つけることができれば自分にぴったり合った働き方ができるのです。

 

ブランクのある看護師で、「手技ができるか不安」と言う人もいるかもしれません。そのような人は、先述したように地域の看護協会・ナースプラザが実施している研修に参加すれば、看護技術を補うことができます。

 

また、中には「初心者・ブランク歓迎」というクリニックもあります。また、看護技術よりも、看護師自身の人柄・熱意を重視するところもたくさんあります。実際に私の友人で採血ができないクリニックに就職した人がいましたが、そこでは院長自らが練習台となって採血の練習をさせてくれたそうです。

 

基本的には即戦力を求められるクリニック勤務ですが、働く職場をしっかり選べば、このように初心者・ブランクありの看護師でも働くことができるのです。

 

派遣看護師

 

プライベートとのバランスを取りながら働きたい人におすすめしたい働き方の一つに、「派遣看護師として働く」という方法があります。

 

看護師にとって、「派遣」という働き方はあまりなじみがないかもしれません。また、世間一般のニュースとして語られる派遣は、「派遣切り」などのネガティブな内容で語られることが多いため、あまりいい印象を持っていない人もいるかもしれません。

 

ですが、実は派遣という働き方は、うまく活用すれば自分のライフスタイルにぴったり合わせることが可能なのです。

 

派遣という働き方には、大前提として2つのルールがあります。以下の2つです。

 

・ 働く期間が決まっている

 

・ 雇用主は、病院・クリニックではなく「派遣会社」となる

 

派遣は、基本的に「2か月」「3か月」などの期間限定で働きます。どんなに長くても、最長で6か月までというルールがあるのです。

 

最長6か月しか働けないと、「次々に職場を変えなくてはいけない」というデメリットがあります。ですが、逆に「働きたい期間だけ働ける」「人間関係のトラブルが少ない」などのメリットもあるのです。

 

そのため派遣看護師は、「ブランク明けで、いきなり一つの職場に勤務するのは不安」「施設で働いてみたいけど、自分に合っているか分からないからまずはお試しで働いてみたい」という人にとってはとても魅力的な働き方となります。

 

また、派遣の中には、「6か月を経過した後に、双方の合意の元で正職員として雇用できる」という契約のものもあります。これは紹介予定派遣と呼ばれていますが、この派遣方法を活用すれば、「働きやすい職場だったからそのままここで働こう」とすることも可能なのです。

 

ただし、派遣として働くときには1点注意しなくてはいけないことがあります。それは、雇用主が派遣会社になるということです。

 

通常の働き方では、雇用主は勤務先の病院やクリニックとなります。ですが派遣の場合、勤務先は病院やクリニックですが、雇用主は派遣会社となります。つまり、給料は派遣会社から支払われることになるのです。

 

このことから、派遣として働くためには優良な派遣会社に登録することが必須となります。悪質な派遣会社に登録すると、自分と全く条件の合わない勤務先を紹介されるなどのトラブルが発生することがあります。

 

まずはキャリアコンサルタントに相談してみましょう

 

ここまで4つの職場・働き方について説明してきましたが、これらはほんの一例に過ぎません。実際には、その人のキャリアや生活環境によって、もっと多様な働き方を見つけることは可能なのです。

 

例えば小児科や子育て経験がある人だったら、保育園看護師という働き方もあります。また、成人看護師の経験者であれば、コールセンター勤務や一般企業勤務をすることなども可能です。治験看護師という道もあります。

 

ただし、これらをすべて一人で情報収集するのはとても大変です。ましてや、希望する領域が定まったとしても「ここはブランク明け看護師に優しい病院なのか」「研修内容はどうなっているのか」などの詳細を自力で把握するのはほぼ不可能です。

 

そこで活用したいのが、看護師の転職サイトです。

 

看護師の転職サイトには、専門のキャリアアドバイザーが在籍しています。キャリアアドバイザーは現在求人を募集している病院・施設情報はもちろんのこと、「職場の雰囲気」「研修内容」「初心者・ブランク明け看護師歓迎かどうか」などについてかなり詳しい知識を持っています。そのため、自分の現状を伝えて相談することで、今の自分に合った働き方や職場を提案してもらうことができます。

 

転職支援会社のサービスは最初から最後まで無料で利用できるため、不安のない再就職を目指す方は活用した方がよいです。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分が住んでいる都道府県に強い転職サイトを選ぶ必要があります。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

ブランクあり看護師の不安解消! 復職研修やおすすめ再就職先

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

ブランクあり看護師の不安解消! 復職研修やおすすめ再就職先

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

ブランクあり看護師の不安解消! 復職研修やおすすめ再就職先

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


ブランクあり看護師の不安解消! 復職研修やおすすめ再就職先 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト