「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?

「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?

 

社会人として働く上で、「とりあえず3年は働こう」という目標を持つ人は多いです。そのため、どんなに辛い毎日を送っていたとしても、心の中で「とりあえず3年、3年……」と念仏のように唱えている人もいるのではないでしょうか。

 

今回は、そんな「とりあえず3年」の目標が目前に迫った3年目看護師の退職について、実例を交えてお話していきます。

 

まずは、なぜ巷では「3年」が一つの目安にされているのかについて考えていきましょう。

 

なぜ「3年」が一つの目安なのか

 

なぜ「とりあえず3年」という目標を持つ人が多いのでしょうか。これには、日本には昔から「石の上にも三年」ということわざがあることも影響しています。

 

「石の上にも三年」とは、我慢強くやり続ければ必ず成功するという例えのことです。これは、一理あることです。3年間というまとまった期間同じ業務を経験し続けることで、自分の今働いている領域に関してはある程度のことが自立してできるようになります。

 

そして、ある程度の業務ができるようになると、自分の今後のキャリアについて考えるようになる人が増えます。日々の業務に少し余裕が出てきた3年目だからこそ、「自分が進むべき道はここでいいのか」「他にやりたいことがあるのではないのか」と悩むのです。

 

そして悩んだ結果、転職という道を選ぶ人もいます。彼女たちの実例をみていきましょう。

 

3年目で職場を変えた看護師の実例

 

退職して病院を変えたAさん

 

私の友人であるAさんは、総合病院の泌尿器外科に勤務していました。

 

泌尿器外科は患者さんの入れ替わりが激しく、多忙を極めている部署でした。毎年新人が1、2人は必ず辞めているほど離職率も高く、彼女も涙を流しながらの辛い新人生活を耐えていました。

 

このように離職率の高い職場であるため、3年目にもなると中堅と呼ばれるポジションなります。中堅になると日々の業務は問題なくこなせるようになり、人間関係の悩みもだいぶ減ります。

 

そのため、彼女は日々働く上での悩みが減り、働きやすくなりました。ですが、「給料の低さ」「ライフワークバランスが保てない」などの理由により、「退職しようか」と悩むようになります。

 

元々そんなに好きではなかった職場でも、3年居れば働きやすくもなるし愛着も出てきます。一つの職場で働き続けたことによる居心地の良さと、現実的な待遇の悪さの狭間で彼女は悩み続けていました。

 

悩みに悩んだ結果、「寝て起きるだけの生活はもう嫌だ」という強い思いから、彼女は3年目で別の総合病院に転職しました。

 

今では彼女は、新しい職場で今までの経験を生かしながら、生き生きと仕事をしています。プライベートでも、料理教室やダンススクールに通って充実した日々を過ごしているようです。

 

3年目で海外語学留学を決意したBさん

 

Bさんは、元々海外に興味がありました。

 

看護学校の卒業旅行で海外に行ってから、「もっといろいろな世界を見てみたい」という気持ちがどんどん強くなっていったようです。

 

看護師として就職したあとしばらく彼女は、息つく暇もないほど忙しい生活を送っていました。休みの日は眠るだけ、長期休暇は実家に帰省するだけという仕事中心の日々を3年間過ごした彼女は、だんだん閉塞感を感じるようになります。

 

そんな中、彼女が思いだしたのは学生時代の卒業旅行でした。

 

自分とは全く違う価値観や文化がこの世界にはたくさんあることを思い出し、「たった一度の人生だから後悔しないように生きたい」と考えるようになったそうです。

 

結果として彼女は3年で退職し、念願のカナダへの語学留学へと旅立ちました。カナダで3年間過ごした彼女は帰国後、総合病院の病棟看護師として復職します。その後、カナダ留学中に出会った彼氏と結婚し、今では一児の母としてクリニック勤務をしています。

 

看護師の資格は一生ものである

 

今例に挙げたAさんもBさんも、実際に退職を決意するまでには非常に悩んでしました。

 

彼女たちは新卒で当時の総合病院に就職し、その職場しか知らなかったため、「せっかく慣れた今の職場を離れるのが怖い」という気持ちをもっていたのです。

 

ですが実際に退職して新しい道を歩み始めた彼女たちは、「退職してよかった」と口にします。離れるのは勇気が必要ですが、勇気を持って一歩踏み出したことで自分に本当に合った職場と出会ったのです。

 

Bさんのように、一度看護師という仕事を完全に離れたとしても、再び看護師として働くこともできます。看護師の資格は一度取得したら一生使えるため、柔軟に自分の人生設計を考えることができるのです。

 

3年目こそ、自分のキャリアについて見直す時期である

 

このように、看護師の資格というのは柔軟性の高い資格です。「退職したらもう働けない」ということは決してなく、そのときのライフステージに応じた働き方をいくらでも描くことができるのです。

 

慣れた場所を離れるのは、勇気がいります。また、日々の忙しさに飲み込まれてしまい、「もうこのままの生活でいいや」と思うこともあるかもしれません。

 

ですが、あなたの人生は一度きりしかありません。せっかくの自分の人生です。なんとなくだらだら過ごすのではなく、後悔のないような選択をしてみませんか?

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、「対応エリア」「扱っている仕事内容」に注意して探さなくてはいけません。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは? 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト