2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと

2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと

 

看護師としてのキャリアを歩き始めた最初の頃には、大変な日々が待っています。その中でも特に大変なのは、新人看護師である看護師1年目です。

 

ですが、「2年目になったら一気に楽になる」という訳ではありません。実は看護師2年目には、新人看護師とはまた違った大変さがあるのです。そして、日々大変な仕事をこなし、自分自身と向き合っていくうちに、「辞めたい」「転職したい」という考えに至ることもあります。

 

今回は、看護師2年目で退職を考えるにあたり知っておきたいことについてまとめました。まずは、「看護師2年目」の実情についてみていきましょう。

 

2年目看護師の実情

 

看護師2年目は、ある程度業務が一人でできるようになり、看護師として一人前になりつつある時期です。ですが、先述したように看護師2年目のときには新人看護師時代とはまた違った大変さがあるのです。順番にみていきましょう。

 

先輩方のフォローが薄くなり、ミスが増える

 

研修制度が整っている病院においては、新人看護師時代はしっかりとしたフォローをもらうことができます。初めての手技やケアをする際には必ず先輩が付き添い、勤務中も細かなフォローをもらえます。

 

ですが、2年目となると環境が一変します。なぜなら、職場には新たな新人看護師が入ってくるからです。

 

先輩達は当然のことながら、新人看護師への指導やフォローにかかりきりになります。その結果、2年目となったばかりの看護師は一気にフォローが薄くなるのです。

 

2年目になるとインシデントが増える傾向にありますが、その背景にはこのような事情があるのです。

 

新たな仕事を任せられるようになる

 

2年目になる頃には、その職場における一通りの業務をこなせるようになっている場合が多いです。

 

その結果、新しい仕事を任せられることが多くなります。

 

例えば、2年目になるとリーダー業務が始まる病院や部署もあります。リーダー業務は非常に責任が重いため、精神的にも大きな負担になる人もいます。

 

また、重症な患者さんや丁寧なケアが必要な患者さんを受け持つことも増えます。今まで受け持っていた軽症の患者さんは、すべて新人看護師が受け持つようになるためです。

 

それに伴い、また新たに勉強しなくてはいけないことが増えます。新しい疾患、治療法、医療機器など、2年目看護師にとっては新たな修行が始まるのです。

 

部署内の係、検討会などに参加することが増える

 

また、部署内の係を割り当てられたり、検討会や勉強会に積極的に参加するようになるのも2年目看護師です。

 

係活動や検討会、勉強会への参加は、自分にとってよい勉強になります。モチベーションの向上にもつながります。

 

ですが、自分自身への負担が重くなってしまうことは事実です。そのため、休みの日や夜勤明けの日にも活動しなくてはいけなくなったり、残業して係活動をしなくてはいけない場合もあります。

 

2年目看護師が退職したいと考える理由

 

ここまでみてきたように、激動の新人看護師時代を乗り切っても、2年目特有の大変さはあるのです。そして大波にもまれた状態の2年目看護師は、「退職」を意識することがあります。

 

退職したいと考えるようになる理由には、以下のようなものがあります。

 

ミスをするようになり、自信喪失してしまう

 

先述した通り、2年目看護師は「先輩からのフォローが薄くなる」「新たな仕事を任せられるようになる」などの特徴があります。それにより、今までインシデントを起こしたことがない人であっても、インシデントを起こしてしまう場合があるのです。

 

インシデントを起こした看護師は、患者さんへの罪悪感や自責の念から深く落ち込んでしまうことがあります。場合によっては、インシデントを起こした恐怖で過緊張状態になり、さらにインシデントを引き起こしてしまう場合もあります。

 

そのような悪循環に陥った看護師は、どんどん落ち込んでいきます。そして、人の命を預かることの重さを認識し、「自分は看護師に向いていないのではないか」と考えることもあります。

 

「自分はこの領域に向いていない」とはっきり認識する

 

また、2年目になりやれる業務が増えたからこそ、「自分はこの領域に向いていないから転職したい」と考える場合もあります。

 

私の友人で、新卒で救急外来勤務になった人がいました。新人の頃は右も左も分からず必死に毎日を過ごしていた彼女でしたが、2年目になって少し落ち着いた頃に私にこのように漏らしたことがありました。

 

「私、もっと患者さんとゆっくり関わりたいな」

 

結果的に彼女は2年目で退職し、今は総合病院の整形外科病棟で働いています。整形外科ではゆっくり患者さんと向き合うことができるため、彼女のやりたい看護が実践できているそうです。

 

このように、激動の新人時代が終わり少し冷静になった2年目にこそ、心の中に「これは本当にやりたいことなのか」という違和感を覚えることがあるのです。

 

人間関係に疲れてしまう

 

また、職場の人間関係に疲れてしまったために退職を考えることもあります。

 

新人看護師の頃は自分のことにいっぱいいっぱいで、周りを見る余裕はないことが多いです。ですが、2年目になると、だんだん職場の人間関係がはっきりしてきます。

 

私の友人で、どうしても職場の雰囲気が好きになれずに2年目で退職した人がいました。

 

彼女はとても正義感が強く、曲がったことが嫌いな性格でした。そんな彼女は2年目のとき、自分の職場には陰湿ないじめがあることを知ります。

 

彼女はいじめのターゲットではなかったものの、そのような雰囲気にどんどん嫌気が差していきました。師長に話しても、先輩に相談しても状況が変わらないことを知った彼女は、2年目で退職しました。

 

今では彼女は、新しい職場でたくさんの後輩に慕われながら生き生きと働いています。

 

このように、2年目になって余裕が出てきたからこそ見えてくる人間関係もあるのです。

 

2年目で退職することは全く問題ない

 

ここまで2年目看護師が退職を考える実情についてみてきました。これを読んでいるあなたは、「そうはいっても2年目で退職するのは気が引ける」と考えるかもしれません。

 

ですが、実際には2年目で退職をしても全く問題ないのです。

 

世間では「一つの職場にとりあえず3年は居たほうがよい」と言われることもあります。確かにプラス1年居ることでその領域の知識も付く上に、できることも増えるでしょう。

 

しかし、それだけのために無理してもう1年働く必要はあるのでしょうか。

 

20,代や30代の女性にとって、その1年1年はプライベートにおける変化が激しいです。人によっては、出会った彼氏と半年後には結婚しているかもしれません。

 

プライベートが変化するのと同時に仕事まで変化をすることは、非常に負担が大きいです。また、もし妊娠した場合にはすぐに仕事を変えることは難しくなります。

 

そのため、「なんとなくあと一年は続けよう」と考えてはいけません。辞めようかという思いが浮かんだら、そのことについて真剣に考えた方がよいです。そうしないと、プライベートで大きな変化を迎えたときに後悔することになるかもしれません。

 

2年目で辞めても、履歴書的には全く問題ありません。私の知り合いのキャリアコンサルタントは、「看護師は売り手市場だから1年目、2年目で辞めても全く問題ない」と言っていました。辞めた理由を「キャリアアップのため」などと伝えておけば、問題なく転職することが可能なのです。

 

キャリアコンサルタントに相談することも一つの方法

 

「退職しよう」と考えたときには、必然的に「では自分はどのような看護師キャリアを歩んでいこうか」と考えることとなります。

 

このときあなたの力になってくれるのが、転職サイトのキャリアコンサルタントです。

 

キャリアコンサルタントは、看護師キャリアのプロフェッショナルです。豊富な知識や経験から、それぞれの性格やライフスタイルに合った職場を紹介してくれます。

 

看護師キャリアのプロであるキャリアコンサルタントに相談することで、自分では思いもよらなかった道を提示してもらえることもあります。実際に私がキャリアコンサルタントに相談したときにも、「小児科経験を生かして保育園勤務はどうか」「保健師の非常勤はどうか」など、将来が明るく思えるような選択肢を提示してもらえました。

 

「今後どうしていったらよいのだろう」と悩んでいる2年目看護師のあなたは、まずは行動を起こしてみましょう。キャリアコンサルタントというプロの力を借りて、自分自身のキャリアを真剣に考えてみるとよいでしょう。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


2年目看護師が退職を考えたときに知っておきたいこと 関連ページ

看護師職場の人間関係トラブル:「いじめ」の原因と対処法
看護師で「いじめられやすい人」と「いじめられにくい人」の違い
看護師職場のいじめの解決法:「無視」「陰口」「聞こえるような悪口」
女の世界はいじめが多いって本当? 看護師社会におけるいじめの実情
看護師1年目で「妊娠」や「出産」したときどうしたらいいのか
新人看護師が抱えるストレスの原因と対処法
新人看護師が楽しく働き続けるための休日の過ごし方
新人看護師がミスや失敗をしたときに立ち直る方法
「新人看護師いじめ」への対処法
新人看護師が「もう辞めたい」と思うとき:1年目看護師の退職事情
新人看護師が知っておきたい「部署異動」と「転職」の違い
新人看護師が「部署異動」「転職」するときのメリット・デメリット
新人看護師の辞め方:円満退職するために
「とりあえず3年」が過ぎたら 3年目看護師が退職を考えるタイミングは?
看護師1、2、3年目で結婚してもいいの? 看護師の結婚事情とは
嫌いな先輩看護師とうまく付き合っていく方法
看護師必見! 怖い先輩看護師への対応法
看護師職場におけるパワーハラスメント(パワハラ)の実情と対策
「いい看護師」はどんな人のことを言うのか 「悪い看護師」はいるの?
看護師をしていると性格がキツくなるって本当?
「看護師に向いている人」と「向いていない人」の違い
クリニック看護師の人間関係にはどのような特徴があるか
看護師必見! 医師との上手な関係の築き方
看護師と患者の関係:苦手な患者さんとの関わり方
あなたの苦手な看護師長との関わり方
中途採用の看護師によくある悩みと対処法
「人間関係が苦手」な看護師にお勧めの働き方
看護師が知りたい「人間関係がいい病院」「悪い病院」の見分け方
看護師が「もう辞めたい」と思う5つのタイミング
「なかなか辞めさせてもらえない」と悩む看護師が取るべき行動
看護師を辞めて「全然違う他の仕事」に転職することはできるのか
看護師が「退職」「部署異動」の希望を師長に伝えるベストタイミングは?
看護師が「転職」「部署異動」した後に感じる4つのストレスと対処法
不安なく退職しよう! 看護師が退職前に考えておくべき3つのこと
ブランクのある看護師が自分に合った職場を見つける方法
看護師が「仕事に行きたくない」と思う4つの理由
看護師が知っておきたい「ブラック病院」の見分け方
「退職・転職したいけれども一歩を踏み出せない……」という看護師へ
要注意! 看護師がかかりやすい病気とは
看護師が「私、自律神経失調症かも」と思ったら
「仕事に行きたくない……」 看護師が陥る「適応障害」の症状や対処法
看護師がなりやすい「燃え尽き症候群」の症状と対処法
看護師がうつ病になりやすい3つの理由
うつ病で退職した看護師の転職方法
看護師が長く働き続けるための「メンタルヘルス」対策
看護師が「溜まりに溜まったストレス」を解消させる20の方法
「今日は休ませてください……」 看護師の病欠について
看護師あるある! 看護師によくある「10のお悩み」解消法

サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト