採用を勝ち取る「看護師の職務経歴書」の書き方

 

看護師が就職活動時に必要とされる書類は、主に3種類あります。

 

それは、「履歴書」「職務経歴書」「添え状」です。

 

この中で「履歴書」は、今までに書いたことのある人が多いのではないでしょうか。例えば学生時代のアルバイト面接であっても、履歴書は必要とされるからです。

 

しかし、「職務経歴書」と言われると、今まで全く書いたことのない人がほとんどだと思います。

 

そこで今回は、希望する就職先から「職務経歴書」の提出を求められた場合、どのようにして書けば「採用を勝ち取る職務経歴書」を作成できるのかについて説明していきます。

 

そもそも「職務経歴書」とは何か

 

そもそも「職務経歴書」と言われても、何のことかさっぱり分からないと思います。

 

「職務経歴書」は、就職活動における「あなたのPR資料」だと考えてください。あなたという人を相手に分かってもらうための、プレゼン資料なのです。

 

「職務経歴書」とは何かについて、より深く理解するためには、「履歴書」と比較してみることがわかりやすいです。

 

「履歴書」に書く内容というのは、「氏名」「住所」「学歴・職歴」などの、客観的な情報がほとんどです。そのため、「履歴書」を読めば、その人のプロフィールを知ることが出来ます。

 

しかし、履歴書はあくまで基本的なプロフィールしか書かれていないため、「どんな人なのか」「今までどんな経験をしてきたのか」「何が出来るのか」などの詳しい人物像を知ることができません。

 

そこで役に立つのが、「職務経歴書」です。

 

職務経歴書には、「応募動機」「今まで経験した仕事内容」「自己PR」などを書きます。それを読むことで、採用側はより詳しいあなたの人物像を知ることが出来るのです。

 

場合によっては、職務経歴書を読んだ上で次の面接まで進むことができるか否かが決まるほど、職務経歴書の内容は重要です。

 

職務経歴書に書くべき内容

 

職務経歴書の場合、履歴書のように決まったフォーマットはありません。そのため、自分のキャリアに合わせた書き方をしていくことが必要です。

 

しかしどのような書き方をしたとしても、「職務経歴書に書くべき内容」は一緒です。

 

それでは、「職務経歴書」には何を書いていけば良いのか説明します。

 

1.希望職種

 

希望する病院・事業所で、どのような職種として働きたいかを書きます。「看護師」「准看護師」「助産師」「保健師」などが該当します。

 

2.志望動機

 

履歴書の「志望動機」欄に志望動機を書いた場合は、職務経歴書に書かなくてもよいです。

 

しかし、「履歴書の志望動機欄が小さかった」などの理由で十分な内容を書くことができなかった場合には、職務経歴書で書くようにします。

 

「志望動機」では、「なぜその病院・事業所を選んだのか」「今までどんな経験をしてきたのか」「その経験がどう生かせるか」について書いていきます。

 

3.職務経歴

 

今までの職歴について書いていきます。

 

職歴の書き方については、「時系列」「経験した部署別」など、どのような書き方をしてもよいです。

 

「何年間」「どんな部署で」「どのような仕事に従事してきたのか」について説明していきます。

 

4.取得資格

 

資格については、「取得した年、月」「保有している資格」を時系列で書いていきます。

 

資格名を書くときには、必ず正式名称で書くようにしましょう。免許状に書いてある名称が正式名称です。

 

また、資格をいくつも保有している場合には、今回の就職先に関連のありそうなものだけを書くようにします。

 

以上が、職務経歴書に最低限書くべき内容になります。

 

詳しくは、

 

職務経歴書には決まったフォーマットがないため、どのような職務経歴書にするかはあなたの自由です。

 

しかし、職務経歴書は「あなたの自己PR資料である」ということは必ず覚えておきましょう。

 

そして、職務経歴書を書くときには「今までの自分の経歴をどのように生かすのか」を意識することが重要です。そうすることで、採用に大きく近づくための職務経歴書を作成することができます。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分が住んでいる都道府県に強い転職サイトを選ぶ必要があります。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

採用を勝ち取る「看護師の職務経歴書」の書き方

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

採用を勝ち取る「看護師の職務経歴書」の書き方

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

採用を勝ち取る「看護師の職務経歴書」の書き方

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト