看護師職務経歴書の書き方:見本

看護師職務経歴書の書き方:見本

 

職務経歴書は、「あなたの自己PR書類」です。

 

職務経歴書は、ただ個人情報を書き連ねているだけの履歴書とは違います。あなたという人物を知ってもらうための細かい情報を書いていく必要があるのです。

 

しかし、いざ職務経歴書を書こうと思っても、ほとんどの人は「何から書けばいいのか」「そもそもどんな感じで書けばいいのか」という基本的な部分が分からないと思います。なぜなら、職務経歴書には、履歴書のように決まったフォーマットがないからです。

 

そこで今回は、実際に職務経歴書を書こうと思ったときに「どのような項目を」「どのように書けば良いのか」について具体的にお伝えしていきます。

 

ちなみに、職務経歴書はwordなどで作成可能です。フォントは何でもかまいませんが、全体を通して同じフォントで書くようにしましょう。そして、職務経歴書は1、2枚で収まるようにします。

 

まずは、職務経歴書の全体像をお見せします。

 

その後、一つずつ詳しく、書き方を確認していきましょう。

 

職務経歴書の全体像

 

平成28年9月1日

 

職務経歴書

 

(氏名)

(郵便番号)

(住所)

(電話番号)

(メールアドレス)

 

1. 希望職種 : 看護師 

 

2. 志望動機

 

 私は5年間、○○大学病院の小児病棟で小児看護を実践しておりました。出産を機に退職しましたが、「地域に住む子どもたちやその親が、安心して何でも相談できる小児科クリニックで働きたい」という気持ちが強くなりました。
 そんな中、地域に根ざした小児医療を実践している貴院が、看護師募集をしていることを知りました。貴院の掲げている「小さな不安も解消する」という目標は私が目指す小児看護の形であり、同時に私が5年間強く意識してきたことでもあります。
 私は看護師業務をしていく中で、「なるべく患者のベッドサイドにいる」ということを意識して勤務していました。これは、常に子どもと親に寄り添い、不安を解消させたいと考えたからです。
 私の今までの小児看護経験は、貴院の目指す小児医療に必ずや貢献できると思います。貴院の一員として地域の子どもたちとその親のために働きたく、志望いたします。

 

3.職務内容

 

平成22年4月入職〜平成27年3月(5年)

 

○○大学病院 小児科病棟勤務

 

・基本的な看護技術(バイタルサイン測定、採血等)の習得
・日勤、夜勤ともに自立して5人〜15人のの患者受け持ちをする
・感染予防係として、院内感染の予防業務をおこなう

 

<実績>

 

 小児看護における基本的な看護技術は、すべて自立して実施可能。また、医師、看護師、その他コメディカルと連携を取りながら、チーム医療を実践することができる。
 院内感染予防に関しては、「病棟内の環境整備」「スタッフ教育」を徹底することで、前年度の院内感染0件を達成。

 

5. 取得資格

 

平成22年5月 看護師免許 取得
平成22年5月 保健師免許 取得

 

 

これが職務経歴書の全体像です。

 

それでは次に、一つずつみていきましょう。

 

日付、個人情報を書く

 

wordを立ち上げたら、まずは右上に日付を書きます。

 

このときの日付は、投函する日を記載しましょう。どんなに遅くとも、投函日前日までとします。ちなみにメールの場合には、メールを送信する日付にしましょう。

 

日付を書いたら、次は真ん中に「職務経歴書」と書きます。太字で、少し大きめのフォントで書くと分かりやすいでしょう。

 

最後に、「職務経歴書」の右下に「氏名」「住所」「電話番号」「メールアドレス」などの個人情報を記載していきます。

 

希望職種

 

希望職種は、「看護師」「准看護師」「保健師」「助産師」などと記載します。

 

自分が希望する病院で、どのような職種として働きたいかを書いていきます。

 

志望動機

 

履歴書に志望動機を書いた場合、職務経歴書では書かなくてもよいです。しかし、「履歴書では書いていない」「履歴書の志望動機欄が小さすぎてあまり書けなかった」という場合には、職務経歴書に書くようにしましょう。

 

志望動機を書くときのポイントは、「その病院のどこに魅力を感じたか」「自分のどのような経験が役に立てるか」をしっかり記すことです。

 

あくまで、志望動機は相手の病院にアピールするためのものです。そのため、自分を採用することで相手の病院にとってどのようなメリットがあるのかを提示するようにしましょう。

 

職務内容

 

職務内容の書き方は、自分がこれまでどのようなキャリアを積んできたのかによって異なります。

 

「キャリアが浅い人」「若い人」は、今回の例で挙げたような時系列順の書き方がよいです。

 

逆に、「キャリアが長い人」「一つの病院でさまざまな部署を経験している人」は、「最新のキャリア」から書いていくとよいでしょう。その方が読む人にとっては分かりやすいものとなります。

 

そして、「転職回数が多い人」「さまざまな職種の経験がある人」に関しては、「やってきたこと別」に書くことがおすすめです。

 

詳細は自分のキャリアに合わせた「看護師職務経歴書」とはに書いてあるので、ご確認ください。

 

取得資格

 

取得した資格を書くときには、「時系列」「希望する職場に関係のある資格順」のどちらで書いても構いません。

 

あくまで重要なのは、「読み手にとってのわかりやすさ」なのです。

 

ここまで見てきて分かるように、職務経歴書の書き方には正解がありません。私が今回挙げた職務経歴書もほんの一例です。

 

何よりも意識してほしいのは「自分の経験をどう生かせるか」を相手に伝わるように書くということです。

 

しかし、今まで職務経歴書を書いたことがない人は、不安も大きいと思います。もしも自分の書いた文章が不安であったら、転職支援会社のキャリアコンサルタントに相談するのも一つの方法です。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、「対応エリア」「扱っている仕事内容」に注意して探さなくてはいけません。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師職務経歴書の書き方:見本

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師職務経歴書の書き方:見本

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

看護師職務経歴書の書き方:見本

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方



サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト