看護師が押さえておきたい「履歴書」の書き方

看護師が押さえておきたい「履歴書」の書き方

 

あなたは、正しい履歴書の書き方を知っていますか。

 

おそらくほとんどの人は知らないと思いますが、これは仕方の無いことです。なぜなら、ほとんどの人にとって「履歴書」は生涯で数回しか書くことのないイレギュラーな書類だからです。

 

しかし、履歴書といのは就職活動において非常に重要な位置づけにあります。

 

相手先に最初に与えるあなたの印象が「履歴書」であるため、書き方一つであなたの印象が大きく左右されてしまうのです。履歴書の書き方が良くないために、「採用」になる予定が「不採用」になってしまう場合すらあり得ます。

 

このように書くと「やっぱり履歴書は苦手だ」と思われるかもしれませんが、大丈夫です。履歴書は実はとてもシンプルな構造なので、基本さえ押さえれば誰でも満点の履歴書を作成することが可能です。

 

「非常に条件の良い就職先だったのに、履歴書がダメで落ちてしまった」という残念なことを避けるために、ここでしっかりと履歴書について押さえておきましょう。

 

それでは、採用を勝ち取るための履歴書の書き方についてお伝えしていきます。

 

そもそも履歴書とは何か

 

まず、「履歴書とは何か」という基本的なことについてお話しします。

 

履歴書とは、簡単に言うとプロフィール文のことです。相手先にあなたの自己紹介をするための書類が履歴書なのです。

 

履歴書に書く内容は、「連絡先」「学歴」「職歴」「資格」「志望動機」などがあります。「志望動機」に書く情報は、主観的なものです。しかしそれ以外はどれも客観的な事実のみを書くことになります。

 

つまり採用されるための履歴書の条件は、客観的な事実を間違いなく書けば良いということです。非常にシンプルです。

 

さらに、履歴書を書く上で覚えておいてほしいことがあります。それは、履歴書は公式文書であるということです。

 

履歴書は公式文書なので、嘘を書かないということが大前提です。学歴や職歴を間違えて書くと「経歴詐称」となることもあるため、注意しましょう。

 

また、簡潔に見やすく書くということも必要です。履歴書は公式文書なので、事実を正確に書くということがなによりも求められます。履歴書を書く上では、「個性を出さなくては」と意識しすぎたり、奇をてらった内容にしなくてもよいのです。

 

何よりも大切なのは、先述したとおり「客観的な事実を間違いなく書く」ということです。

 

履歴書はどうやって手に入れれば良いのか

 

それでは、履歴書はどこで手に入れれば良いのかみていきます。

 

求人先に指定の履歴書があった場合には、それを利用すれば良いです。しかしそうでない場合は、自分で履歴書を用意しなくてはいけません。

 

履歴書は、書店や文房具屋で売られています。その中でも、「JIS規格履歴書」と書かれてあるものが標準とされています。

 

ただし、買う前に注意してほしいことがあります。それは、一口にJIS規格履歴書とはいってもいろいろな種類があるということです。同じ「JIS規格履歴書」であっても、内容が微妙に異なるのです。

 

例えば、他の履歴書と比べて「職歴」欄がたくさんある履歴書もあります。また、「職歴」欄は標準だけれども「趣味・特技」欄が大きい履歴書もあります。どれを選べば良いのでしょうか。

 

結論から言えば、JIS規格履歴書であればどれを選んでも構わないです。自分に合った履歴書を選べばそれでよいのです。

 

例えば30代後半で今までキャリアを積み上げてきたような人が「大学時代にがんばったこと」などの欄がある履歴書を選ぶのは、明らかにおかしいです。キャリアのある人が選ぶべき履歴書は「職歴」欄が多いものなどになります。

 

また、JIS規格書はホームページからダウンロードすることも可能です。「JIS規格履歴書」で検索すればさまざまな種類の履歴書が出てくるので、自分に合ったものを選びましょう。

 

なお、履歴書を作成する上で「手書き」と「パソコン」どちらがよいのかについては、次より説明していきます。

 

「手書き」と「パソコン」どちらがよいのか

 

結論から言えば、手書きとパソコンどちらでも良いです。これは、いくつもの企業の採用担当をしているキャリアコンサルタントが言っているので間違いありません。

 

自分に合わせてどちらを選択してもよいのですが、それぞれに注意点があります。

 

手書きで履歴書を作成するときのメリット・デメリットや注意点

 

手書きで履歴書を作成するメリットは、相手に丁寧な印象を与えることができるということです。

 

パソコンと比べ、手書きは圧倒的に手間がかかります。そのため、手書きの履歴書を受け取った人事担当者は、もしかしたら「丁寧な人だな」という印象をもつかもしれません。

 

注意点は、とにかく手間がかかるということです。先述したとおり履歴書は公式文章なので、客観的事実をきっちり正確に記述する必要があります。誤字脱字無く、一つの間違いも無く最後まで書き通すためには、それなりの集中力が必要となります。

 

手書き履歴書を作成する上での注意点は、以下の通りです。

 

・枠いっぱいに書かない

 

→どの文章でも言えることですが、ぎっしりと真っ黒い文章が並んでいると、読む気が失せます。

 

・黒のボールペンを用いる

 

→細いサインペンなどを用いる人がいますが、文字がつぶれやすいので避けた方が無難です。万年筆なども、書き慣れていない場合は避けましょう。

 

・文体(です、ます)や年号(和暦か西暦か)などの記載スタイルは統一する

 

→ちなみに和暦と西暦はどちらでもよいです。

 

・間違えたら最初から書き直す

 

→修正液、修正テープ、二重線、訂正印は厳禁

 

・略号、省略した記載(「同上」など)は用いない

 

→病院名、学校名、資格名は正確に記載する。現在の名称が当時のものから変更されている場合は、当時の名称で記載します。現在の名称は、その後ろに(現・○○)と記しましょう。

 

注意点はたくさんあるように見えますが、どれも文章を書く上では基本的なことばかりです。

 

あとは、丁寧に、読みやすく書くことを心がけましょう。

 

パソコンで履歴書を作成するときのメリット・デメリットと注意点

 

JIS規格履歴書はパソコンからでも無料でダウンロードできるため、最近ではパソコンを使って履歴書を作成する人も増えてきています。

 

「パソコン履歴書は手書き履歴書よりも不利である」といったことは一切無いため、パソコンを利用して作成すると、手書きよりも遙かに楽にきれいな履歴書を作成することが可能です。

 

ただし、注意点があります。それは、パソコンは便利だけれども、誤変換などの間違いが増えやすいということです。

 

自分では見返したつもりであっても、思いがけない変換ミスが起きていることもあります。そのため、パソコンで履歴書を作成したときは、必ず一度プリントアウトして確認するようにしましょう。

 

画面で見るのと印刷物を見るのとでは、ミスに気づくことの出来る確率が格段に違ってきます。

 

履歴書を相手方に送るとき、「データ送信」が可能である場合と「郵送」の場合があります。

 

仮にデータ送信の場合であっても、必ずプリントアウトして確認しましょう。

 

郵送の場合は作成した履歴書を印刷することになりますが、このとき印刷用紙は通常のものではなく、少し厚口のものを使うことをお勧めします。

 

通常のコピー用紙は0.08〜0.09mmですが、履歴書印刷のときには0.10〜0.12mmのものを使います。こうすることで、公式文書感が高まり好印象を与えることが出来ます。

 

また、印刷するときはA4サイズがお勧めです。これは、社内の公式文書がA4で統一されているためです。

 

ここまで履歴書作成のさまざまな注意点を述べてきましたが、なよりも大切なのは「うそを書かない」「わかりやすく書く」ということです。

 

嘘のない、読みやすい履歴書を作成することこそが、採用への近道なのです。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師が押さえておきたい「履歴書」の書き方

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師が押さえておきたい「履歴書」の書き方

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法



サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト