看護師転職時の面接で「採用」を勝ち取る秘訣

看護師転職時の面接で「採用」を勝ち取る秘訣

 

あなたが看護師として病院やクリニックで働こうと思ったとき、避けては通れないのが「面接」です。

 

しかし、面接が得意な人というのはごく一握りであり、大多数の人は面接を苦手に感じているのではないでしょうか?

 

実際に、私も面接が苦手です。今まで何回か就職試験の面接を受けてきましたが、面接の部屋に入った瞬間からひどく緊張してしまい、自分が何を話したかも覚えていない有様でした。

 

そこで、今回は「そもそも面接は何を目的に行なわれるのか」について確認していこうと思います。

 

「敵に勝つためにはまず敵を知るべし」という言葉があるように、面接を突破するためには、「面接で何を見られるのか」「面接官は何を求めているのか」について知っていなくてはいけません。

 

それでは、まずは面接の目的についてみていきましょう。

 

看護師採用面接の目的は何か

 

採用面接というと、「採用する側の病院・事業所から自分が判断されるところ」という認識を持つ人が多いと思います。

 

これは、ある意味では正解です。

 

病院・事業側としては、面接をすることで「性格や人柄」「社会人としての常識」「自分の病院・事業所に適した人材であるか」をみたいという目的があります。

 

しかし、実は面接というのは、「自分がほんとうにこの病院で働いても良いのか」についてチェックする場でもあるのです。

 

いくらホームページや雑誌に魅力的なことが書いてあったとしても、実際に面接を担当した看護師長や医院長の雰囲気が悪ければ、自分が生き生きと働くイメージは持ちにくいでしょう。

 

そのため、面接は病院・事業所から一方的に評価されるだけでなく、あなた自身も相手を評価する場であると考えて臨んでください。

 

面接のときには、必要以上に萎縮しなくてもよいのです。

 

面接はどのようにおこなわれるのか

 

病院の面接は、一般的に個別面接と呼ばれる形態でおこなわれます。個別面接とは、応募者1人に対して、面接官1〜3人がさまざまな質問をすることです。

 

なお、時にはグループ面接という形態がとられる場合もあります。

 

グループ面接では、一度に複数の応募者を対象に面接がおこなわれます。また、応募者同士でディスカッションをするときもあります。

 

面接の際、病院や事業所がみていること

 

それでは最後に、面接の時には「あなたの何が見られているのか」について説明していきます。

 

面接の時に病院・事業所がみているポイントは、複数あります。これからそれらのポイントを紹介していきますが、すべて覚える必要はありません。読み進める中で、「こういうポイントを見られているんだな」ということを理解していただければ大丈夫です。

 

@ 実務経験

 

これは転職者が対象ですが、今までの社会人経験でどのようなことを培ってきたのかについて問われます。

 

これについては、難しく考える必要はありません。今まで社会人をしてきた人であれば、誰でも「自分にしかない経験」があるはずです。

 

例えば私であれば、5年間の小児科経験があります。そのため、小児科経験で培ってきた「患者・親への対応力」「コミュニケーション能力」「基礎技術や知識」などを、受ける病院・事業所に合わせてアピールしていけばよいのです。

 

A 理解力

 

これは、相手の質問の意図を踏まえて、的確な答えを言うことができるかどうかです。

 

例えば、「なぜこの病院を選んだのですか?」という質問に対しては、「小児医療に力を入れているからです」などと答えるのが正しいです。

 

しかし、このときに「私は今まで小児科を経験してきました。小児経験で培ったのものは……」などと答えたら、的を得ていない答えになってしまいます。

 

面接の時は緊張しており、ついつい用意していた答えを言ってしまいがちになります。緊張しているときこそ、相手が何を言おうとしているのか理解するよう努めましょう。

 

B 表現力

 

表現力とは、自分の言いたいことを相手にうまく伝える能力のことです。

 

焦らずに、ゆっくりとでよいので、自分の考えを分かりやすく相手に伝えましょう。

 

なお、表現力を鍛えるためには日頃の積み重ねが重要です。表現力に自信が無い人は、「どう言えば相手に伝わるか」を日々意識しながら過ごしてみるとよいでしょう。

 

C 判断力

 

判断力は、物事を客観的にとらえて評価することが出来る能力のことです。

 

面接の時に判断力が直接問われる場面というのはあまり多くないかもしれません。しかし、自分の意見を述べた後に「なぜなら……」という言葉を付け加えて根拠を示すことで、相手に冷静で客観的な人物だと印象づけることは可能です。

 

D 協調性

 

協調性は、特に看護師として働く上で重要視される能力です。自己中心的ではなく、相手の意見も取り入れながら働くことができるかどうかがみられます。

 

協調性をアピールするには、今までの社会人経験の中でチームとして働いた経験を述べるとよいでしょう。

 

例えば看護師経験のある人にとっては、「医師やコメディカルと協働し、患者さんと家族のために週に1回ミーティングをおこないました」などの具体的なエピソードを語ることができるはずです。

 

E 積極性

 

積極性は、自分の意見を発言できる能力です。

 

面接は否が応でも自分の意見を言わなくてはいけないので、そこまで積極性を意識する必要はないと思います。日頃自分の意見を言い慣れていない人であっても、自信を持って発言してみるようにしましょう。

 

F 誠実さ

 

これは、まじめに仕事に取り組むことが出来るかどうかです。

 

あなたも今までいろいろな人に会ってきて、「この人は誠実そうだな」と感じる人に会ったことがあるはずです。誠実さはその人の雰囲気から感じられるため、そこまで強く意識しなくても良いです。

 

今までまじめに社会人としての経験を積んできた人であれば、問題なくクリアできると思います。

 

G 対応力

 

対応力は、新しい事柄やクレームに対応する能力のことです。

 

対応力に関しては、今までの社会人経験やアルバイト経験などのエピソードを披露すると良いでしょう。

 

例えば、「夜勤リーダー時に患者さんからのクレームがあったときにも、○○のように対応することで納得していただきました」などです。

 

H 外観

 

最後は、あなたの外観についてです。

 

看護師は、患者さんと接することが多い仕事です。そのため、清潔感が重要になります。
また、あなたが希望する職場によっても求められる外観は少し異なります。例えば美容クリニックの場合は、清潔感に加えて化粧などの身だしなみも重要になります。

 

以上が、面接時にチェックされる項目となります。

 

たくさんあるので、「こんなにあるのか」とげんなりされた方もいるかもしれません。しかし、一つ一つの内容は、よく見ると基本的なものです。

 

そのため、これらの項目をみて「自分は大丈夫だな」と思った人は、そのまま自信を持って面接に臨んでください。

 

もしも「自分にはこの能力が不足している」と感じた人は、その能力を強化すべく作戦を立てることにしましょう。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師転職時の面接で「採用」を勝ち取る秘訣

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師転職時の面接で「採用」を勝ち取る秘訣

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法



サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト