看護師面接時の身だしなみ・服装のポイント

看護師面接時の身だしなみ・服装のポイント

 

就職・転職時に面接は必須です。しかし、いざ面接をすることになったとき、よほど面接慣れしている人でない限り、分からないことはたくさんあると思います。

 

そんな中、「そもそも面接の時はどのような服装で行けば良いのだろうか」というのは、誰もが共通して疑問に思うことではないでしょうか。

 

そこで今回は、看護師面接時の身だしなみや服装のポイントについてお伝えしていきます。

 

人は見た目が9割

 

身だしなみや服装に関する具体的な注意点の前に、まずはみなさんに「なぜ見た目が大切なのか」についての理由をお話していきたいと思います。

 

人が相手に与える印象を決める要素は、全部で3つあります。それは、「目に見える要素」「声」「言葉による要素」です。

 

「目に見える要素」とは、表情、身だしなみや立ち振る舞いなどの、いわゆる外見に該当するものを指します。

 

「声」は、声の大きさやトーンのことです。

 

そして、「言葉による要素」は、言葉遣いや話の内容などにあたります。

 

この中で、会って10秒以内に相手の記憶に残るのは、どの要素だか分かりますか?

 

答えは、「目に見える要素」です。表情や身だしなみなどの外見が相手に与える印象は、なんと全体の55%にも及びます。そして、外見の次に相手の印象に残るのは、「声」です。こちらは、全体の38%を占めています。

 

つまり、「外見」と「声」だけでその人の第一印象はおよそ9割も決まってしまうのです。残りの「言葉による要素」、つまり話している内容というのはたったの7%しか相手の印象に残りません。

 

このことから、第一印象における見た目というのは、かなり重要であることがご理解いただけたと思います。

 

第一印象をよくするための身だしなみ・服装

 

それでは、第一印象を良くするための身だしなみや服装の具体例を見ていきましょう。

 

髪型

 

基本的に、顔の出ている面積が広いほど相手に与える印象は良くなると言われています。

 

女性で髪の長い人は、鏡の前で確認してみてください。髪の毛をそのまま下ろした状態と、耳の上に髪をかき上げた状態では、どちらが爽やかな印象を与えるでしょうか。

 

髪をかき上げた状態であるというのは、一目瞭然だと思います。

 

また、前髪もその人の印象を大きく左右します。なるべく眉毛を出して、顔を出すようにしましょう。

 

男性の場合は、えりあしや顔周りをすっきりと整えておきましょう。

 

 

女性は、化粧をします。チークや口紅の色は薄めにして、ナチュラルなメイクを心掛けましょう。アイシャドウにラメが入ったものも避けた方がよいです。

 

男性の場合は、ひげを綺麗に剃っておきましょう。

 

服装

 

服装は、男女ともにスーツにします。色は、黒や紺などのダーク系を選びましょう。

 

女性の場合は、スーツの下にブラウスを着ます。このとき、透ける素材やレース、フリルは避けるようにしましょう。また、時計などはしても大丈夫ですが、華美なアクセサリーは着用してはいけません。

 

男性の場合は、ワイシャツとネクタイを着用します。ワイシャツの色は白か淡色にしましょう。ネクタイは、無地か小さいドットなどのもので、派手にならない色を選びます。

 

 

男女ともに、爪は短く切っておきます。

 

女性の場合、マニキュアをしてはいけません。するとしても、透明のものにします。

 

靴下

 

女性の場合、ストッキングが基本です。肌色のものを選びましょう。また、伝線するといけないので、必ず交換用のストッキングも用意しておきます。

 

男性の場合は、スーツのスラックスに合わせた色の靴下を選択しましょう。白い靴下をはいてはいけません。

 

以上を守って服装を整えれば、第一印象の9割を占める「外見」についてはクリアしたも同然です。

 

第一印象をさらによくするための方法

 

それでは最後に、第一印象をさらによくするための方法をお伝えします。

 

それは、「表情」と「視線」です。

 

看護師は多くの人と関わる職業であるため、面接の際には人柄が重視されることも多いです。そんなときに、あなたの印象をよくするためにはよい表情を作ることが欠かせません。

 

緊張すると、誰しも顔がこわばってしまうと思います。しかし、そんなときこそ、意識して笑顔を作ることを心掛けてみてください。

 

笑顔を作るのが苦手な人は、鏡を見て練習をすることもおすすめです。

 

また、視線に関しても、あなたの印象を大きく左右します。

 

緊張するとどうしても下を向きがちになりますが、これでは相手に「自信がなさそう」という印象を与えてしまいます。

 

そのため、なるべく面接官の方を見ることを心掛けましょう。目と目を合わせるのが苦手であるという人は、面接官の首のあたりを見るだけでもよいです。相手からしたら目が合っているように見えます。

 

ここまでみてきて、面接時の身だしなみや服装、そして第一印象を良くするためのポイントが分かりましたでしょうか。

 

面接というのはどうしても緊張してしまうと思います。だからこそ、第一印象の9割を占めている「見た目」だけは完璧にすることで、自信を持って面接に臨めるようにしましょう。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師面接時の身だしなみ・服装のポイント

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師面接時の身だしなみ・服装のポイント

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法



サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト