有給について看護師が必ず知っておきたいこと

 

「有給」の正式名称は、「年次有給休暇」です。年次有給休暇は常勤・非常勤問わず、半年間以上継続して勤務し、全労働日の8割以上出勤した人は皆取得することができます。

 

年次有給休暇を取得すると、出勤していないにもかかわらず賃金の支払いを受けることができます。

 

労働者にとって心強い年次有給休暇という仕組みですが、あなたは年次有給休暇のことをどのくらい知っているでしょうか。

 

施設にもよりますが、医療の現場は慢性人手不足で、法律で定められている公休すら消化できていない部署もあります。これらの部署は、人手不足を理由に看護師の良心に頼り切っており、看護師の権利を無視しているとしか言いようがありません。

 

長く働くためには、労働と休みのバランスを取っていかなくてはいけません。そのため、看護師一人一人が、自分の「休日」「休暇」に対する正しい知識を身につけていく必要があります。

 

今回は年次有給休暇に関して看護師が必ず知っておきたい基本的な知識について説明します。

 

有給を取る時期は指定できるが、必ずしも要求が通るとは限らない

 

年次有給休暇の取得は、労働者の権利です。そのため、看護師が「有給休暇を使いたい」と申し出た場合には、必ず与えなくてはいけません。

 

年次有給休暇を取得する時期に関しては、労働者である看護師が指定できます。

 

しかし、「事前に突発的な出来事が発生して、休暇を与えることができなくなってしまった」場合に限り、雇用者は年次有給休暇の取得する日をずらしてもらうことができます。

 

ただし、単に「忙しいから」「人手不足だから」という理由で年次有給休暇取得の申し出を断ってはいけないという決まりになっています。

 

医療の現場は忙しいため、自分一人だけが「年次有給休暇を取得したい」とは言いだしにくい状況もあるかと思います。しかし、年次有給休暇は労働者の権利です。

 

そのため、皆が正しい知識を身につけ、順番に均等に、年次有給休暇を取得できるような仕組み作りが必要です。

使いきれなかった有給は繰り越すことができる

 

看護師は有給を何日取ることができるのかでも述べましたが、何日間の有給を取得することができるのかについては「継続勤務年数」「1週間に働く日数」で決まります。

 

半年間以上勤務した正職員の場合、1年間で10日間の年次有給休暇を取得することが可能です。

 

しかし、場合によっては1年間で年次有給休暇を使いきれない場合もあります。そのようなときには、残った年次有給休暇の日数分を翌年に繰り越すことが可能です。

 

例えば、勤続半年の常勤看護師が、昨年度有給を5日しか取得しなかったとします。そのような場合には、5日(去年分の有給)+10日(今年分の有給)=15日分の有給を、今年度使うことができます。

 

このシステムを使えば、有給を毎年毎年ためて、最終的に何百日もの有給を持つことができると思う人もいるかもしれません。

 

しかし、そのようなことはできません。なぜならば、年次有給休暇には時効があるからです。

 

有給には時効がある

 

先述したように、使いきれなかった年次有給休暇は翌年に繰り越すことができます。

 

しかし、年次有給休暇には時効があります。時効は、2年間です。

 

つまり、余った年次有給休暇を繰り越せるのは翌年までということになります。翌々年になると、最初に余った年次有給休暇は自動的に消滅します。これは非常にもったいないことです。

 

そのため、「自分は何日年次有給休暇を取得できるのか」「どのくらい繰り越し分があるのか」を正しく把握し、年次有給休暇を取得していきましょう。

 

「時効」「退職」により消滅した有給は買い取ってもらうことができる

 

労働者に与えられている年次有給休暇という権利が、時効や退職により消滅してしまうことはとても悲しいことです。

 

しかしこのような場合には、労働者である看護師が雇用主に請求して、消滅した分の年次有給休暇を買い取ってもらうことができます。

 

ただし、注意すべき点があります。それは、買い取り額は法律で定められていないということです。

 

一般的には、年次有給休暇を取得した際の賃金と一緒であることが多いのですが、施設によっては非常に低い額となることがあります。このような場合でも、労働者は文句をいうことはできません。

 

また、年次有給休暇を買い取ってもらうことができるのは「時効」「退職」により年次有給休暇が消滅した場合と、施設が法律で定められている年次有給休暇よりも多めに有給の日数を設定し、その設定分が余った場合のみです。

 

そのため、「今年は5日しか有給を取らないので残りの5日分を買い取ってください」と事前に申し出ることはできません。

 

このように、年次有給休暇にはさまざまな特徴があります。

 

「知らなかった」と泣き寝入りするのではなく、正しい知識を身につけたうえで、自分の権利をしっかりと守っていける看護師になりましょう。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、「対応エリア」「扱っている仕事内容」に注意して探さなくてはいけません。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

有給について看護師が必ず知っておきたいこと

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

有給について看護師が必ず知っておきたいこと

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

有給について看護師が必ず知っておきたいこと

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト