看護師が単発求人を探すうえで知っておきたい基礎知識

 

看護師の雇用形態には正社員(正職員)と呼ばれる「常勤」、パート、アルバイト等と呼ばれる「非常勤」、そして「派遣」という働き方があります。

 

しかし、看護師の働き方はこれだけではありません。「単発の仕事」と呼ばれる勤務形態もあるのです。

 

今回は看護師が単発の仕事をするうえで知っておきたい知識についてまとめます。

 

看護師における「単発」の仕事とはなにか

 

常勤や非常勤、そして派遣という雇用形態は、基本的に一つの職場で継続的に働くという働き方です。これらの雇用形態は、「同じ職場で働き続ける安心感」「職場が毎回同じであるため業務を覚えやすい」「福利厚生が充実している」などのメリットがあります。

 

しかし一方で常勤や非常勤、派遣の仕事は、「ある程度の日数必ず働かなくてはいけないため、拘束感がある」「人間関係を構築するのが大変」「自分の予定に合わせて仕事を組むことができない」などのデメリットもあります。

 

そこで、「育児」「介護」「家庭との両立」などの理由から一つの職場で継続的に働くのが難しい人には、「単発」の求人を探すのがおすすめです。

 

「単発」の求人は、基本的には一日限りであることが多いです。指定された職場において、一日限定で指定された業務を行い、賃金を得ます。

 

仕事を行うのが一日単位であるため、「常勤」「非常勤」「派遣」などのように、雇用主と長期間の契約を結ぶ必要はありません。

 

自分の空いている日に、興味のある仕事を行い賃金を得ることができるのが「単発」で仕事を行うメリットです。仕事内容によっては非常に高単価な求人もあります。

 

一方、「福利厚生」「待遇」などは、「常勤」「非常勤」「派遣」の方がよいです。そのため、「現在無職であるため看護の仕事をして生計を立てたい」というような場合には、単発の仕事よりも長期的に働くことのできる「常勤」「非常勤」「派遣」などの雇用形態がおすすめです。

 

看護師における「単発」の求人にはどのような種類があるか

 

看護師における「単発」の求人は、非常にたくさんの種類があります。

 

よく見られるものは「訪問入浴」です。訪問入浴は、訪問入浴車で入浴のサポートが必要な患者さんの家に訪問し、介護職員と協力しながら入浴の介助を行う仕事です。具体的には、「バイタルチェック」「脱衣介助」「洗体、洗髪」「必要処置への対応(褥瘡のケアなど)」を行います。

 

訪問入浴の求人はほぼ毎日あるため、自分のスケジュールに合わせやすいのが特徴です。

 

その他に、「巡回健診」もあります。春(4月〜6月)、秋(9月〜11月)に多い求人です。

 

業務内容としては、健診会場の設営を行ったうえで、健診を行います。「採血」「心電図」「血圧測定」などの技術が必要になる場合もありますが、初心者でも基礎から教えてくれるところもあるため、そのような職場を選べば心配いりません。

 

また、保健師の資格を持っている人は「保健指導」を行うことで、さらに高単価な収入を得られる場合もあります。

 

面白い求人では「ツアーナース」と呼ばれるものもあります。ツアーナースとは、小学校や中学校、高校の宿泊行事に同行する看護師のことです。

 

以前は、宿泊行事の際その学校に所属する養護教諭が同行することがほとんどでした。しかし近年は養護教諭に求められる役割が拡大してきているため、養護教諭はなるべく学校を空けないようにする必要がでてきました。そこで活躍が期待されるようになったのがツアーナースです。

 

ツアーナースの業務内容は、児童・生徒に同行して救急時の対応を行うことや、薬剤の管理、特別な配慮が必要な児童・生徒への対応などです。

 

ツアーナースは、臨床経験がある人ならば問題なく行える業務内容であるうえ、日常を離れて業務に従事することができるので人気が高いです。また、拘束時間が長いため、非常に高収入です。

 

しかし、宿泊行事であるために、働く上では1泊以上の日数を確保しておくことが必要となります。

 

単発の仕事はそのほかにも、「イベントナース」「デイサービス」などがあります。

 

看護師の単発求人はどこでみつけたらよいのか

 

基本的には、単発求人を扱っている看護師転職サイトに登録するのが一番の近道となります。

 

登録する際に面接等が必要になる場合がほとんどですが、一度登録すればさまざまな求人の情報を届けてもらうことができるため、その中から自分のスケジュールに合った求人を見つけることが可能です。

 

また、そのほかには、所属している施設に求人募集の話が来ることも多いです。正職員として働いている場合、副業は禁止されていることがほとんどです。しかし、施設に直接来た求人に応募する場合には、単発の仕事をすることができます。

 

施設公認の単発バイトなので堂々と休むことができる上に、高単価な求人が多いため金銭的なメリットも大きいです。また、いつもとは違う勤務をすることでさまざまな学びを得ることもできます。

 

このように、看護師は必ずしもどこかの施設だけに所属して働く必要はありません。ここまでみてきた「単発」求人のように、自分のスケジュールに合わせて高単価な仕事を選びながら働くことも可能なのです。

 

「育児」「介護」「家庭との両立」「副業として」などの理由で単発求人を視野に入れる人は多いと思いますが、ぜひさまざまな職場を体験できる単発求人を体験していただけたらと思います。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

看護師が単発求人を探すうえで知っておきたい基礎知識

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

看護師が単発求人を探すうえで知っておきたい基礎知識

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト