派遣看護師として働く「メリット」「デメリット」

派遣看護師として働く「メリット」「デメリット」

 

看護師は、多様な働き方ができる資格です。「一つの職場で定年まで働き続ける」という人は稀であり、ほとんどの人はそのときのライフステージによって職場を変えていきます。

 

そのような背景の中、最近注目されている働き方に「派遣看護師」というものがあります。派遣看護師は自由度が高く、自分の生活に合った働き方ができるため、魅力のある勤務方法です。一方で、働く上ではいくつか注意点もあります。

 

そこで今回は、派遣看護師として働く「メリット」「デメリット」についてお話していきます。

 

そもそも派遣看護師とは?

 

派遣看護師には、2つの大きな特徴があります。

 

@ 期間限定で働くことができる

 

A 雇用主は「人材派遣会社」である

 

それでは順にみていきましょう。

 

期間限定で働くことができる

 

派遣看護師は、病院や福祉施設で「2か月」「3か月」などの期間限定で働きます。基本的に働く期間が決まっているため、「期間限定でしか働けない人」「短期間のみ働きたい人」に向いています。

 

なお、場合によっては、6か月間働いた後でそのまま病院・福祉施設の正職員になる方法もあります。こちらの場合は、「ブランクがあっていきなり正職員になるのが不安な人」「まずはどんな職場か働いてみたい人」に向いています。

 

ちなみに派遣看護師は、「週3日のみ」といった働き方も可能です。

 

雇用主は「人材派遣会社」になる

 

派遣看護師のもう一つの特徴は、雇用主が人材派遣会社になることです。

 

通常の正職員やパート・アルバイトでは、雇用主は勤め先の病院・福祉施設になります。そのため、給料の支払い、福利厚生、有給などは勤め先の規則が適応されます。

 

しかし派遣看護師の場合、勤め先は病院・福祉施設ですが、雇用主は人材派遣会社になるのです。あなたは「人材派遣会社」の社員として、病院や福祉施設に派遣されていることになります。もちろん、給料の支払いや福利厚生も人材派遣会社の規則が適応されます。

 

では、このような「派遣」という働き方には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 

派遣看護師として働くことで得られる「メリット」

 

時給が高い

 

派遣看護師は、パート・アルバイトなどの雇用形態と比較すると「高時給」であるという特徴があります。これは、パートやアルバイトと違って契約期間が決まっているからです。

 

また、派遣看護師の場合、残業もありません。

 

そのため派遣という働き方は、期間限定で高収入を得たい人や、仕事が終わったら速やかに帰宅してプライベートを充実させたい人に向いています。

 

働く期間が決まっている

 

先述した通り、派遣看護師の場合、働く期間が決まっています。そのため、以下のような状況にある人は「派遣看護師」として働くメリットが大きくなります。

 

・夫が転勤族のため、一つの職場で長く働けない

 

・ブランクがあり、いきなり長期間勤めるのは不安

 

・体調不良だったため、まずは期間限定で働き、体を慣していきたい

 

・看護師として収入を得ながらも、「海外旅行」「習い事」など今しかできないこともしたい

 

期限が決まっていることには、このようなメリットもあるのです。

 

履歴書に傷が付かない

 

正職員やパート・アルバイトなどの場合、一度採用されたら「〇月まで勤務する」といった制限はありません。そのため、もし勤務する職場がどうしても自分に合わなかった場合、早期退職するしか道はありません。

 

心身の健康を守るために早期退職することは仕方のない選択です。しかし、それを繰り返すことで履歴書に大量の職歴が並んでしまうと、転職の際、「この人は大丈夫だろうか」と思われるケースもあります。

 

一方派遣の場合、あなたは人材派遣会社の社員になります。そのため何回職場を変えたとしても、履歴書に書くのは「○○人材派遣会社」という経歴1つだけです。

 

履歴書に書く職歴は一つであっても、職場をいくつも体験してキャリアを積むことができるのは派遣看護師だけです。

 

人間関係が楽

 

看護師として楽しく働けるかどうかは、職場の人間関係に大きく左右されます。

 

派遣看護師の場合、例え雰囲気の悪い職場であったとしても、一定期間我慢すれば解放されます。また、期間が決まっている分他のスタッフに深入りしなくて済むため、気持ちの上で楽です。

 

一つの職場でイヤな人間関係に悩まされ続けるよりも、人間関係の後腐れがなく働くことができるのも、派遣看護師の魅力です。

 

派遣看護師として働くことの「デメリット」

 

どのような物事にも「メリットだけ」ということはありません。派遣看護師として働くことにもデメリットはあります。それではみていきましょう。

 

勤務先が安定しない

 

派遣は、「勤務先に縛られないフットワークの軽さ」が特徴です。これは、裏を返せば勤務先が安定しないということになります。

 

派遣看護師としての勤務には期限があるため、「ようやく慣れたと思ったら契約期間終了になってしまった」ということも起こり得ます。

 

ボーナスがない

 

派遣看護師の給料は時給制です。そのため、ボーナスがありません。

 

正社員やパート・アルバイトとして働いていた頃は、当然のようにもらっていた「ボーナス」がないため、何か大きい買い物や旅行などがあるときには、ボーナスがないことを見越して貯金しておかなくてはいけません。

 

派遣看護師として働くことは、「時間・場所に縛られない」「自由なライフスタイルを実現できる」などのメリットがあります。看護師の時給は高いため、派遣看護師としてだけでも十分に日々の生活を送ることは可能です。

 

一方で、正社員・パート・アルバイトと比べると「不安定である」という点は否めません。

 

自分の理想とする生活はどのようなものであるかを見極めた上で、派遣看護師という道を考えてみましょう。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


看護師にはたくさんの働き方・雇用形態がありますが、その中でも「派遣看護師」は最近注目されている働き方です。


「期間限定で働きたい」「正規雇用される前に、お試しで働いてみてみたい」「人間関係に悩みたくない」「ブランク明けで不安」という人は、派遣看護師という働き方を候補に入れてみましょう。


派遣看護師として働く方法


注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

派遣看護師として働く「メリット」「デメリット」

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・看護師単発バイトの探し方

派遣看護師として働く「メリット」「デメリット」

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方



サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト