派遣看護師の派遣期間はどのくらい?:単発・短期・長期・紹介予定派遣

派遣看護師の派遣期間はどのくらい?:単発・短期・長期・紹介予定派遣

 

派遣看護師は、通常の「正職員」「パート・アルバイト」と異なり、期間限定で働くことができます。そのため、「期間限定で高収入を得たい」という人にとてもおすすめできます。

 

そうはいっても、実際に「派遣看護師」という働き方について知っている人はどのくらいいるでしょうか? 特に、「実際にはどのくらいの期間『派遣』として働けるのか」というのは誰もが気になる部分だと思います。

 

そこで今回は、派遣看護師の「派遣期間」についてお話していきます。

 

「派遣看護師」には、4種類ある

 

一口に「派遣看護師」といっても、さまざまな種類があります。一般的に、派遣看護師の働き方は大きく4種類に分けられます。まずは以下の表をご覧ください。

 

派遣看護師の派遣期間はどのくらい?:単発・短期・長期・紹介予定派遣

 

一番右端にある「紹介予定派遣」は少し性質が異なるのですが、それ以外の「単発派遣」「短期派遣」「長期派遣」は、それぞれ「派遣される期間」によって分けられます。

 

それでは、順番にみていきましょう。

 

単発派遣

 

単発派遣とは、1回の仕事が1日〜1週間単位の仕事のことです。基本的には、1日単位の仕事が多いです。

 

単発派遣は同じ所で継続して働く必要がないため、アルバイト感覚で仕事ができる人気の働き方です。

 

あらかじめ人材派遣会社に登録をしておけば、あとは自分の日程に合う日を希望して仕事の予定を入れるだけで、働くことができます。

 

単発派遣が向いている人

 

・本業がある人

 

単発派遣には、「時給が高い」「いつでも好きなときに働ける」というメリットがあります。ですが、「毎回違う職場で働かなくてはいけない」というデメリットもあるため、単発派遣のみで生計を立てようとすると逆に人間関係などが大変な可能性もあります。

 

そのため、普段は正職員・パート・アルバイトなどで働いている人が空いた時間に働くといった場合におすすめできる仕事です。本業を持っている人が空いている時間に働くことで、「今月はもう少しお金が欲しい」という急な出費にも対応することができるからです。

 

・介護中の人

 

親や祖父母の介護中の看護師にとっても、単発派遣はおすすめできます。

 

介護生活は、「訪問看護」「訪問リハビリ」「往診」など人の出入りが多いため、とても忙しいです。その上、介護の状況によってもスケジュールが変わってしまうこともあるため、同じ職場で長く働くことが困難な場合もあります。

 

そんなとき単発派遣であれば、「他の人が介護をしてくれる日」「ショートステイに行っている日」など、介護の状況に合わせて自由に働くことができます。さらに、単発派遣には「訪問入浴」「デイサービス」「老人ホーム」など、高齢者を対象とした仕事も多いため、日頃実践しているスキルをそのまま生かすことが可能です。

 

実際に私の先輩にも、親の介護をしながら訪問入浴の仕事をしている人がいます。その人は子育てと介護で日頃とても忙しいのですが、訪問入浴の仕事をすることで「逆にリフレッシュになる」と話していました。

 

・子育て中の人

 

また単発派遣は、普段家で育児をしている主婦ナースにもおすすめです。なぜなら、「1日単位の仕事であるため、保育園に入っていなくても働ける」というメリットがあるからです。

 

保育園に入るためには、「今働いている」という実績が必要なことがほとんどです。そのため、専業主婦の看護師が働こうとすると、まずは保育園の確保が大きな壁として立ちはだかります。住んでいる地域にもよりますが、働いていない人が保育園に入れようとすると、「金額の高い無認可保育園」「家から遠い保育園」など、条件に合わない園しか選べないこともあるのです。

 

そんなとき、単発派遣であれば、「旦那さんが休みの日」「親に預けられる日」「一時預かりしてもらえる日」など、自分の都合に合わせて好きなときに働くことができます。週に1回だけ働いたとしても月に4〜6万円くらいは得ることができるため、家計にとって大助かりです。

 

ちなみに現在子育て中の管理人も、単発派遣看護師として働いています。

 

どんなにかわいい子どもでも、ずっと一緒にいると息が詰まってしまうものです。そのため、月に何回か主に旦那さんに預けて働くことで、「仕事」という正当な理由の元リフレッシュすることができています。仕事をすることで社会とのつながりも生まれる上に、お金をもらうことができ、子育てのリフレッシュにもなっているため、もはや一石三鳥とも言える状態となっています。

 

短期派遣

 

次に、「短期派遣」についてみていきましょう。

 

短期派遣の場合、派遣期間は2〜3か月間となります。基本的には更新がない場合が多いため、あらかじめ指定された日時まで働けば、そこで契約終了となります。

 

短期派遣には、「月収が高い」「期間限定で働くことができる」「人間関係が楽」「いろいろな職場の体験ができる」などのメリットがあります。一方、長く安定した働き方をしたい人にとっては、「次々と職場が変わるので不安定」「毎回人間関係を築かなくてはいけない」というデメリットも出てきます。

 

短期派遣が向いている人

 

それでは、短期派遣はどのような人に向いているのでしょうか。

 

・次の職場の入職日まで働きたい人

 

例えば今勤めている職場を5月に辞めて、次の職場の入職日が8月であったとします。すると、3か月間の空白期間が生まれてしまいます。

 

この空白期間にも、家賃の支払いや食費、生活費など、生活していくためにはたくさんのお金がかかってしまいます。それにもかかわらず無収入だと、困ってしまいます。

 

そこでこのような場合には、期間限定で働くことができる「短期派遣」という働き方がぴったり当てはまります。期間限定なので契約期間が来たら何の問題もなく辞めることができる上に、空白期間に収入を得ることができるからです。

 

・自分の働き方について悩んでいる人

 

また、「自分にはどのような職場が合っているのだろう」と人生迷子になっている人にも、短期派遣はおすすめです。

 

看護師は、「病院」「クリニック」「企業」「学校・保育園」「老人ホーム」「看護学校」など、様々な場所で働くことができます。選択肢が広いことはありがたいですが、その分「自分にはどのような働き方が合っているのか」という悩みが生まれます。この悩みを持っている看護師は、とても多いです。

 

そのような人は、短期派遣という働き方をすることで、短期間で様々な働き方をすることが可能です。

 

例えば短期派遣であれば、、初めの2か月は「老人ホーム」、次の3か月は「保育園」」に勤めるということもできます。短期間で興味のある領域を次々に体験できるのは、短期派遣しかありません。

 

さらに、短期派遣に限らず派遣看護師として働く場合、あなたの雇用主は「派遣会社」になります。老人ホームにせよクリニックにせよ、どこで働いていても、あなたは派遣会社の社員という肩書きになるです。そのため、次々に職場を変えても履歴書に載せる経歴は「○○会社」という1つで済みます。

 

短期派遣では、履歴書に傷を付けずにたくさんの職場を体験できるのです。

 

では次に、長期派遣についてみていきましょう。

 

長期派遣

 

長期派遣の場合は、数ヶ月〜数年間同じ派遣先で働くことが多いです。

 

一般的には、初めに1か月の試用期間があり、その後数ヶ月ごとに契約を更新していく形式になります。現在の法律では、同じ派遣先に最長で3年間勤めることが可能です。

 

長期派遣は、以下のような人に向いています。

 

長期派遣が向いている人

 

・ブランクがあって不安な人

 

私自身もそうですが、ブランクのある看護師は「人間関係で失敗したらどうしよう」「自分に合わない職場だったらどうしよう」と不安が大きくなるものです。

 

そのような場合は、まず期間限定で働くことができる「長期派遣」が合っていることもあります。

 

派遣の場合、契約は数ヶ月毎に「更新」していく形になります。通常の勤め先のように「一度就職したらずっと働き続けるのが前提」ではないため、自分が働きにくいと感じたら契約を更新せずに次の派遣先へと移れば良いのです。

 

通常の正職員・パート・アルバイトの場合は、「自分に合わなかったから半年で辞める」ということはしにくいです。ですが派遣の場合は契約を更新しなければそれで済むため、働くことに不安がある人にとっては働きやすい環境となるのです。

 

・家族の都合等で、長く働くことができない人

 

例えば旦那さんが転勤族の場合、同じ職場で長く働くことは困難です。転勤の辞令は、「転勤の1か月前」など急に出されることが多いため、通常の働き方では「急に辞めざるを得ない」という状況に陥ってしまうからです。

 

また、例えば旦那さんが「2年間だけ地方勤務になる」といった場合でも、通常の働き方では「2年間だけ雇ってください」という条件で採用してくれることは困難です。

 

ですが長期派遣の場合は、自分が働ける期間に合わせて自由に契約を更新していくことができます。全国対応している派遣会社に登録すれば、新たな転勤先でも同じようにサポートを受けられるため、非常に心強いです。

 

では最後に「紹介予定派遣」についてみていきましょう。

 

紹介予定派遣

 

紹介予定派遣は、今まで見てきた「単発派遣・短期派遣・長期派遣」とは性質が異なります。

 

単発派遣・短期派遣・長期派遣の場合、看護師の雇用主は「人材派遣会社」でした。どれだけの期間働いたとしても、看護師は人材派遣会社の社員という位置づけだったのです。

 

ですが、紹介予定派遣は違います。紹介予定派遣の場合は、途中で派遣先に直接雇用されることが前提となっているのです。つまり、ある時点であなたは「派遣会社の社員」から「派遣先の社員」となるのです。

 

紹介予定派遣の場合、「派遣看護師」という立場では最大6か月までしか働けない決まりがあります。

 

それでは、紹介予定派遣はどのような人に向いているのでしょうか。

 

紹介予定派遣が向いている人

 

・いつかは正職員として働きたいが、人間関係に不安がある人

 

紹介予定派遣の場合、あらかじめ決められた派遣期間を過ぎた後で、直接雇用されるか次の派遣先に移るか決めることができます。そのため、もしも働いてみて人間関係や労働環境が自分に合わないと思ったら、契約を更新しなければよいのです。

 

そうすることで、「新しい職場で働き始めたけれど半年で退職した」という事態を避けることができます。

 

働く職場の雰囲気というのは、実際に働いてみないと分かりません。職場と自分の相性のミスマッチを避けるためにも、紹介予定派遣は非常に便利な方法なのです。

 

・これまで働いたことがない領域にチャレンジしたい人

 

例えば今まで病棟勤務しかしたことがない人が「老人ホーム勤務にチャレンジしてみたい」と考えた場合、不安は大きくなります。「老人ホームの実態が分からない」「他職種との人間関係が不安」など、見知らぬ領域には不安がつきものなのです。

 

このような場合、いきなり正職員やパート・アルバイトとして直接雇用されると、働き始めてから「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまう場合があります。

 

しかし紹介予定派遣の場合、派遣期間中に「やっぱり自分のやりたいことと違う」と感じたら、契約を更新しなければそれで終了となります。当然履歴書にキズが付くこともないため、未知の領域にチャレンジしようという人にはおすすめの働き方なのです。

 

ここまで単発・短期・長期・紹介予定派遣という4種類の働き方について見てきましたが、それぞれの違いについてイメージできましたでしょうか。一口に派遣と言っても、どのくらいの期間働きたいかによって、その働き方も様々なのです。

 

派遣という働き方を知っているだけで、あなたの働き方の選択肢はぐんと広がります。看護師として働きたいあなたはぜひ「派遣」について覚えておいてください。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分が住んでいる都道府県に強い転職サイトを選ぶ必要があります。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

派遣看護師の派遣期間はどのくらい?:単発・短期・長期・紹介予定派遣

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

派遣看護師の派遣期間はどのくらい?:単発・短期・長期・紹介予定派遣

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

派遣看護師の派遣期間はどのくらい?:単発・短期・長期・紹介予定派遣

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方



サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト