「看護師」と「看護士」はどちらが正しいのか

 

結論から言うと正しい表記は「看護師」になります。しかし、「看護士」という表記も、昔は使われていました。

 

今回は、看護の職業が現在の「看護師」という表記になるまでに至った経緯について説明していきたいと思います。

 

看護の職業が「看護師」という名称になるまでの歴史

 

日本で「かんごし」の職業が法律上に記されるようになったのは、戦後です。1948年(昭和23年)に、「かんごし」の職業が初めて「保健助産看護法」という法律に明記されました。

 

ここで注目すべき点は、このときは「看護婦」という名称が使われていたことです。

 

もともと看護の仕事は女性のものだと考えられていました。そのため、保健婦助産婦看護婦法が規定されたころには、「看護の仕事は夫人のもの」という考え方から「看護婦」と呼ばれていたのです。

 

ちなみに、男性でも看護を行う人はいました。その場合でも、上記の「保健婦助産婦看護婦法」が適応されていました。

 

「男性で看護を行う人」に名前が付いたのは、昭和43年です。このとき、看護を行う男性は「看護士」と呼ばれ、看護を行う女性は「看護婦」と呼ばれるようになりました。

 

その後日本の歴史が進んでいくにつれて、「男女は平等でなくてはいけない」という考え方が主流になってきました。小学校や中学校などで「さん、君」ではなく全員「さん」で統一されるようになったのもこの頃です。

 

そして、「男女は平等」という考え方は、看護界にも浸透してきます。

 

世の中の流れに従って、2002年、「保健助産看護法」という名称は、「保健助産看護法」に改正されました。

 

この法律の中で、女性でも男性でも、職業的に看護を行う人は「看護師」という名称に統一されることとなりました。

 

このことは看護に携わっている人の多くが知っていることではありますが、一般にはまだまだ周知されていないことは事実です。そのため、特に年配の方などは「看護婦」という名称しか知らずに、「看護師」と聞いてもぴんとこない場合があります。

 

また、若い人でも「師」と「士」の使い分けがわからずに誤った表記がなされることもあります。

 

しかし、これまで見てきた通り、「看護士」は男性で看護を行う人を指しており、昔使われていた名称です。現在では、男女問わず看護を行う人は「看護師」と呼ばれます。

 

看護に携わるあなたは、誤って自分の職業を「看護士」などと表記しないようにしましょう。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、「対応エリア」「扱っている仕事内容」に注意して探さなくてはいけません。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

「看護師」と「看護士」はどちらが正しいのか

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

「看護師」と「看護士」はどちらが正しいのか

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

「看護師」と「看護士」はどちらが正しいのか

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト