【体験談】消化器外科病棟看護師の仕事とやりがい

【体験談口コミ】消化器外科病棟看護師の仕事とやりがい

 

「消化器外科で働いてみたい。でも、実際の現場はどのような感じなんだろう」とお悩みの方はいませんか?

 

今回は、消化器外科で看護師として勤務した経験のあるかおりさんに、消化器外科ナースの仕事ややりがいについてインタビューしてきました。

 

名前 : かおり  

 

看護師歴 : 総合病院消化器・整形外科混合病棟(4年間) → ICU(3年間)

 

【体験談口コミ】消化器外科病棟看護師の仕事とやりがい

 

管理人:消化器外科には希望で配属されたのですか?

 

かおりさん:希望で配属されました。

 

管理人:なぜ外科を希望したのですか?

 

かおりさん:もともと、急性期看護に興味があったためです。入院して、手術をして、退院していく……というゴールの見えている領域である、「外科」に興味を持ちました。

 

管理人:消化器外科の特徴を教えてください。

 

かおりさん:「外科」といってもいろいろな領域がありますが、消化器外科の特徴は、手術をし一度退院した後、化学療法などのために定期的に入院してくる患者さんが多いことです。患者さんとの関係が深まりますし、退院した後の話など聞けて楽しいです。

 

そして、異変が生じたときにわかりやすいのも、紹介外科の特徴です。

 

例えば脳神経外科だったら、「あれ?反応が薄いけど寝てるだけ?それとも意識レベルが下がっているのかな・・・」と、判断が難しい部分があります。でも消化器外科だったら、患者さんが過度に痛がったり、ドレーンの性状が変わったりと、明らかに変化が出ます。

 

そのため異常が生じたときにベッドサイドにいる看護師は真っ先に気が付く可能性が高く、自分がいち早く異常に気付き、その後速やかな対応がなされることで、達成感を感じやすいです。

 

管理人:消化器外科で働いて感じた、やりがいは何ですか?

 

かおりさん:外科は、入院して、手術をして、退院していく・・・というゴールが見えやすい、短期間勝負の領域です。入院してから退院していくまでのゴールが見えており、また、元気に退院される患者さんが多いことはやりがいにつながります。

 

また、手術して一度退院した後、化学療法などのために定期的に入院してくる患者さんが多いため、名前や顔を覚えてもらえることも多く、「○○さんが担当だと嬉しいよ」と声をかけてもらえた時には、とてもやりがいを感じます。

 

管理人:働いていた消化器外科病棟には、どのような疾患の患者さんが入院してきましたか?

 

かおりさん:消化器に関連するあらゆる疾患の患者さんが入院してきます。消化器のがんの患者が多数を占めますが、虫垂炎、腸閉塞などの患者さんも入院してきます。

 

管理人:消化器外科で働いていてよかったことは何ですか?

 

かおりさん:最初に消化器外科を経験したことで、異常が生じたときの対応や、「患者さんがいつもと違うぞ」という勘を身につけることができました。

 

また、バイタル測定や採血、ルート確保など、看護師としての基礎的な技術を身につけやすい領域だと思います。

 

管理人:どのように、消化器外科領域の勉強をしましたか?

 

かおりさん:それぞれの疾患ごとにその特徴や看護をまとめたノートを作りました。半年でだいたいの疾患がまとめられたと思います。

 

受け持ちをするときには、なるべく同じ疾患の患者さんを連続して受け持たせてもらうことで、入院から退院までの流れをつかむことができました。

 

管理人:ありがとございました。

 

かおりさんのお話を聞いていて思ったことは、消化器外科の看護師は、「急変に気がつく能力がつく」「手技を身につけやすい」という特徴があることです。そのため、看護師としての基本的な技術を身につけたい人にとっては、消化器外科病棟の看護師は最適な部署であると感じました。

 

ぜひ、あなたのキャリア選択の参考にしてみてください。

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分が住んでいる都道府県に強い転職サイトを選ぶ必要があります。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

【体験談口コミ】消化器外科病棟看護師の仕事とやりがい

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

【体験談口コミ】消化器外科病棟看護師の仕事とやりがい

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

【体験談口コミ】消化器外科病棟看護師の仕事とやりがい

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方



サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト