病棟で働く夜勤看護師の「役割」「仕事(業務)内容」

 

勤務する病院が「3交代制」「2交代制」のどちらであるかによって、夜勤の勤務時間は異なります。

 

3交代制における夜勤は、「準夜勤」と「深夜勤」に分かれています。勤務時間は各病院により異なりますが、「準夜勤」は16:00〜0:00、「深夜勤」は0:00〜8:00くらいの場合が多いです。「準夜勤」「深夜勤」ともに、8時間ずつの勤務となります。

 

一方の2交代制における夜勤は、「準夜勤」と「深夜勤」がセットになった16時間勤務である場合がほとんどです。勤務時間は16:00〜8:00くらいである場合が多いです。

 

ここでは「準夜勤」「深夜勤」におけるそれぞれの特徴や、看護師の役割・業務内容を見ていきたいと思います。

 

準夜勤帯における看護師業務の特徴

 

準夜勤は、患者さんの夕食〜就寝までの時間帯における勤務になります。そのため準夜勤は、バタバタと非常に忙しいです。

 

日勤と比べ、夜勤帯では看護師1人あたりが受け持つ患者数は増えます(集中治療領域ではこの通りではありません)。そのうえ「夕食」「内服」「就寝前のセルフケア援助」など、患者さんに提供する看護ケアも多いため、患者さんが就寝するまでは忙しく動き回ることになります。

 

また、基本的に治療が行われるのは日勤帯なのですが、日勤帯では「抗がん剤」「輸血」などの治療が終わらない場合もあります。そのような場合に業務を引き継ぎ、治療の終わりまで見届けるのは準夜勤帯の看護師です。

 

手術に関しても同様です。手術室の混み具合や、手術の進捗状況により、本来は日勤帯に帰室するはずだった手術後の患者さんが帰ってこないということもあります。その場合、準夜勤帯の看護師が手術室に患者さんを迎えに行く必要もでてくるのです。

 

このように、準夜勤帯は患者数が多い上に、日勤帯の仕事を引き継場合もあるため、やることがとても多いです。準夜勤帯で勤務する場合には「患者さんや家族とゆっくりコミュニケーションを取る」というよりは、「いかにミスなく、必要なケアを提供していくか」を意識したほうがよいです。

 

深夜勤帯における看護師業務の特徴

 

深夜勤帯は、患者さんが眠っている時間帯となります。そのため、積極的に治療を行っていくというのではなく、患者さんにゆっくり休んでもらう時間帯となります。

 

もちろん所属する部署やその時の患者さんの状態により、行っていく業務は異なります。しかし、基本的には一定時間ごとにラウンドして患者さんの様子を見守り、ナースコール対応をしながら、患者さんに休養してもらうのが深夜勤看護師の務めとなります。

 

深夜勤帯は、治療やケアがたくさんある「日勤」や、日勤からの治療を引き継ぎ患者さんの就寝までを援助する「準夜勤」に比べると、ゆったりとしていることが多いです。そのため2交代制の場合には、深夜勤帯に、スタッフ同士が順番に休憩時間を取っていきます。

 

深夜帯が終わりに近づく朝になると、「朝食」「内服」「起床後のセルフケア援助」などにより、またバタバタと忙しくなります。

 

夜勤帯では、インシデントに注意する

 

人間の体は本来、日中起きて夜眠るような仕組みになっています。そのため、どんなに注意をしていたとしても、夜勤帯(特に深夜勤帯)は集中力が低下し、インシデントなどの医療事故が発生しやすい時間帯となります。

 

自分だけでなく、スタッフ皆の集中力が低下しているため、ほかの人が起こしてしまったミスを発見しにくいのも夜勤帯の特徴です。

 

そのため夜勤帯で働く場合には、いつも以上に「ダブルチェック」「指さし確認」「声掛け」などを行いながら、注意して勤務していく必要があります。

 

夜勤帯は、看護師同士のチームワークが重要である

 

準夜勤・深夜勤はそれぞれ業務内容に特徴がありますが、どちらも共通していることがあります。それは、スタッフの数が限られているということです。

 

日勤帯では勤務している看護師の数も多い上に、医師もたくさんいます。何かわからないことがあればすぐに担当医に確認することができる上に、急変時においてもスタッフの数が多いため対応を取りやすいです。

 

しかし、夜勤帯は日勤帯と比べて看護師の数も少なく、医師も当直医となるため、限られた人数の中でてきぱきと業務を行っていかなくてはいけません。限られた人数しかいないため、何かあっても今いるスタッフで対応していくしかないのです。

 

そのため夜勤帯では、看護師一人一人が力を出し合い、協力していくことが日勤以上に重要になるのです。

 

普段はなかなか自分以外のことに気を回す余裕のない新人看護師であっても、夜勤帯においては重要な戦力です。そのため、はじめはなかなか難しいかもしれませんが、「周りの人は今何をしているのか」「自分にできることは何か」「他の人の受け持ちはどのような状況か」についても気にかけていく必要があります。

 

これまでみてきたように、同じ「夜勤」という勤務時間帯であっても「準夜勤」と「深夜勤」では、業務内容が異なります。

 

しかし、どちらも共通していることは、夜勤帯は限られた人数で患者さんを守っていかなくてはいけないという点です。そのため、看護師一人一人がしっかりと自覚を持って勤務していかなくてはいけません。

 


看護師が自らのキャリアを考えるとき、「同じ職場に留まって頑張る」または「自分に合う他の職場を探す」ことを考えます。子育てが終わり、仕事復帰を考える人もいます。


こうしたとき、ほとんどの人は看護師の転職サイトを活用します。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所など少ない求人の中から探すケースがほとんどですが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。例えば、電話だけの対応で素早さを重視する会社もあれば、看護師との面談を重視することで難しい案件への対応を得意としている会社もあります。他には、首都圏に強みを発揮する会社もあれば、地方求人を多く保有している会社もあります。


これらの違いを理解しなければ、よい転職・復職を実現させることはできません。そのため、まずは各転職サイトで何が異なるのかを理解するようにしてください。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

病棟で働く夜勤看護師の「役割」「仕事(業務)内容」

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

病棟で働く夜勤看護師の「役割」「仕事(業務)内容」

看護師であれば、「派遣看護師」として働く方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト