【体験談】看護師単発バイト:ツアーナースの仕事と求人の探し方

【体験談】看護師単発バイト:ツアーナースの仕事と求人の探し方

 

ツアーナースとは、小中高等学校の宿泊行事に同行する看護師のことです。

 

以前は、学校の宿泊行事というと、養護教諭(保健室の先生)が同行していました。あなたの学生時代を思い出してみましょう。きっと、保健室の先生が同行していたはずです。

 

ですが最近は養護教諭の役割が拡大したことにより、「養護教諭は基本的に学校にいるべき」と言われるようになってきました。そのため、宿泊行事の時には看護師が同行することになったのです。

 

今回は、実際にツアーナースをしていたことがある佐藤さんに、ツアーナースのお仕事について聞いてみました。

 

ツアーナースの仕事内容

 

【体験談】看護師単発バイト:ツアーナースの仕事と求人の探し方

 

管理人:まずはじめに、ツアーナースの仕事内容について教えてください。

 

佐藤さん:ツアーナースの基本的な役割は、けがや病気になってしまったときの応急処置と、服薬管理です。

 

他にどのような仕事を依頼されるかは学校によって異なりますが、「夜尿が心配な子どものトイレ誘導」などを依頼されたこともあります。

 

あとは、他の先生方と一緒に宿泊行事がスムーズに運営されるよう協力していきます。林間学校に行ったときには、他の先生や生徒達と一緒に、薪を拾って火起こしなどもやりました。

 

管理人:では基本的には児童・生徒達に同行するのですね?

 

佐藤さん:そうです。児童・生徒と一緒に観光地にも行くし、山も登ります。でも、もしも風邪や病気等で具合の悪い子どもが出たときには、宿の一部屋を「保健室」にして、そこで子どもたちを見守ります。

 

応急処置について

 

管理人:はじめにお話していた「応急処置」について、詳しく教えてください。

 

佐藤さん:ツアーナースは応急処置セットを持ち歩き、何かあったときに対応できるようにします。もしも「頭を打った」「顔に傷が付いた」など、首から上の部分のトラブルがあった場合には、宿泊行事に同行している副校長(教頭)や校長などの管理職に相談します。これは学校の決まりだそうです。

 

また、「大きなけが」「急な発熱」などの症状があれば、児童・生徒を病院に連れて行く必要がでてきます。そのときには、基本的に管理職が児童・生徒を連れて行きます。

 

服薬管理について

 

管理人:「服薬管理」について教えてください。

 

佐藤さん:子どもたちの中には、喘息などの持病を持っている人がいます。そのため、宿泊行事中も内服の必要がでてきます。

 

ツアーナースは、子どもたちの薬をまとめて管理します。そして、時間になったら子どもたちを集めて、順番に内服させていきます。

 

「服薬チェックシート」も用意されているため、内服後はチェックシートに記入をして、飲ませ忘れがないようにします。

 

ツアーナースをするにあたって、不安はなかったか

 

管理人:はじめてツアーナースをするとき、不安はなかったですか?

 

佐藤さん:正直最初は緊張しました。でも、ツアーナースの仕事は一人で抱え込むものではありません。担任の先生や、管理職の先生など、他の先生と連携を取りながら仕事をすすめていくこととなります。そういった意味では、日頃実践している「チーム医療」と同じでした。

 

また、「はじめてでどのように動けばいいのか分からない」という悩みに関しても、心配はいりません。同行している先生方の中には、「保健担当」という役割を持っている先生がいます。そのため、仕事をしていて不安や疑問があれば、保健担当の先生に相談すれば良いのです。

 

管理人:「子どもたちの情報が分からない」という不安はなかったですか?

 

佐藤さん:子どもたちの情報に関しては、養護教諭の先生からの引継書があります。「アレルギーがある子」「服薬の必要がある子」「その他、注意が必要な子」などの情報が全て載っているため、それを参考にすれば大丈夫です。

 

ツアーナースの仕事をしてみて

 

管理人:佐藤さんが、ツアーナースをしてみたいと思ったきっかけは何ですか?

 

佐藤さん:私がツアーナースをしていたのは、病棟勤務の時でした。日々の仕事はやりがいがありましたが、ずっと同じ場所で勤務していると視野が狭くなりがちです。

 

「他の仕事をしてみたい」と考えた結果、ツアーナースという仕事を見つけました。

 

ツアーナースの業務中はもちろん緊張感が必要ですが、児童・生徒と共に美しい自然や観光地を回っていると、こちらも旅行しているような気持ちを味わえます。仕事とは分かっていながらも、リフレッシュになりました。

 

管理人:病棟勤務とツアーナースは、どのように両立していたのですが?

 

佐藤さん:ツアーナースの仕事をするときには、その日程であらかじめ休み希望を出していました。リフレッシュになる上にお金を稼ぐこともできて、私にとってはいいことだらけでした。

 

ツアーナース求人の探し方

 

管理人:それでは、ツアーナースの求人はどのように探したのですか?

 

佐藤さん:ツアーナースは、正確に言うと「単発派遣」になります。そのため、あらかじめ派遣会社に登録し、求人情報をもらいました。時期にもよりますが派遣看護師の求人は結構たくさんあるので、自分のスケジュールに合わせやすいです。

 

管理人:ありがとうございました。

 

まとめ

 

ツアーナースは宿泊行事での子どもたちの健康を守る仕事です。ですが、決して一人で抱え込むのではなく、管理職やそのほかの先生方と力を合わせて業務をすすめる姿勢が求められます。

 

知り合いの養護教諭の話では、看護師の中にはツアーナースの仕事だけで生計を立てている人もいるそうです。確かに、ツアーナースの日給の相場は13,000円と高額である上、交通費も食費もすべて支給されるため、ツアーナースの仕事をいくつか組み合わせればまとまった収入になります。

 

そのようなツアーナースのお仕事ですが、注意点があります。それは、ツアーナースの案件を扱う転職会社は非常に限られているという点です。

 

実際に私も調べてみたのですが、下記の「MCナース」以外の会社はツアーナース案件がほとんどありませんでした。そのため、ツアーナースとして働きたい人はMCナースへの登録がおすすめです。

 

【体験談】看護師単発バイト:ツアーナースの仕事と求人の探し方

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


そうはいっても、自分一人の力で転職活動をすることは困難です。日々の生活に忙しくてゆっくり職場探しをする時間はない上に、自分一人では探せる病院数も限られてしまうからです。


そこで最近では、転職活動の際に転職サイトを活用する看護師が増えてきています。自分だけの力で探す場合だと3〜5カ所などの少ない求人の中から探さなくてはいけませんが、転職サイトを介すれば100カ所以上の求人からピッタリの案件を引き出すことができるからです。


ただ、転職サイトによって特徴が大きく異なります。自分に合った転職サイトを見つけるためには、自分が住んでいる都道府県に強い転職サイトを選ぶ必要があります。


失敗しない転職をするためには、まずそれぞれの転職サイトの特長や違いを知りましょう。



注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・看護師が転職サイトを有効活用し、転職での失敗を避ける方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・美容クリニックへの転職方法

【体験談】看護師単発バイト:ツアーナースの仕事と求人の探し方

「夜勤なし」「高収入」「緊急性の高い患者さんが少ない」という3拍子が揃った求人として美容クリニックがあります。看護師にとって美容クリニックは特殊領域であり、ほとんどの看護師が未経験者としてこうした業界に入ります。
美容クリニックへの転職方法


・派遣看護師として働く方法

【体験談】看護師単発バイト:ツアーナースの仕事と求人の探し方

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

【体験談】看護師単発バイト:ツアーナースの仕事と求人の探し方

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方



サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト