美容クリニック看護師の仕事内容

 

病院以外での看護師の働き方として、「美容クリニック」を考える人もいると思います。しかし、「そもそも美容クリニックは何をするところか」「どのような仕事をするのか」については、知らない人が多いのではないでしょうか。

 

今回は、美容クリニックで働く看護師の仕事内容について説明していきます。

 

美容クリニックには大きく分けて2つの種類があります。「美容外科」「美容皮膚科」です。まずはこれらの違いについてみていきましょう。

 

美容外科とは何か

 

美容外科とは、身体のさまざまな部位の外見的な悩み・トラブルに対して、外科的な観点から治療をする診療科のことです。

 

具体的には、「脂肪吸引」「顔のパーツ形成」「豊胸」などがあげられます。

 

あくまで「外見的な」悩みやトラブルに関する治療であるため、機能的に支障をきたしているような場合には、美容外科の範疇ではなくなります。「機能的に問題はないけれど、外見的に悩みがある」という症例が美容外科の治療対象なのです。

 

「美容外科」「整形」と聞くと、あまりいいイメージをもたない人もいるかもしれません。しかし、人の印象は外見によって左右されてしまうことは事実です。生まれ持った外見は選べないにもかかわらず、その外見のせいでさまざまなコンプレックスを抱えて自分に自信が持てなくなってしまうことは、その人にとって大きな損失です。

 

美容外科の看護師は、外見的な悩みを持つ患者さんが「自分に自信をもって」「生き生きと」生活していくことができるようにサポートをする仕事なのです。

 

美容外科看護師の業務内容

 

美容外科で勤務する看護師の業務内容には、以下のようなものがあります。

 

受付業務

 

一般の病院・診療所では、受付業務は医療事務が行うところが多いです。しかし美容外科クリニックの場合は、看護師が受付業務をする場合もあります。

 

美容外科クリニックの場合、患者さんは病気やけがを治療するために来院するのではありません。「より美しく」なるために来院するのです。美容外科クリニックでは来院する人を「患者さん」ではなく「お客様」といったスタンスで迎えます。そのため、美容外科クリニックで勤務する看護師には高い「接遇能力」が求められます。

 

カウンセリング

 

美容外科クリニックでのカウンセリングは、一般の病院・診療所の「問診」にあたります。

 

美容外科領域は、患者さんとの信頼関係が治療の基本となります。そのため、「患者さんがどのような悩みを持っているのか」「今の状態はどうなのか」「どのようになりたいのか」について、丁寧に傾聴していきます。

 

また、誰でも体にメスを入れることには恐怖を覚えるものです。そのため、施術に際して患者さんが感じる不安等もしっかり受けとめていく必要があります。

 

手術介助

 

美容外科クリニックに手術はつきものです。クリニックによっては、「助手の医師がいる」「オペ介助を専門に行う看護師がいる」など、手術専用のスタッフがいる場合もあります。

 

しかし、手術専用スタッフがおらず、オペの準備から施術のサポート全般まで幅広いフォローが求められる場合もあります。このような場合には求人条件に「オペ室経験」と記載されている場合があるため、注意が必要です。

 

バイタルサイン測定、点滴、採血

 

美容外科では身体に外科的な医療行為が施されるため、基本のバイタルチェックは欠かせません。また、点滴や採血などの医療行為が必要になる場合もあります。

 

医療器具の滅菌、消毒

 

医療器具の滅菌、消毒に関しても看護師が行う場合があります。

 

美容皮膚科とは何か

 

女性にとって、肌の悩みは尽きないものです。美容皮膚科は、ただ皮膚疾患を治療するだけでなく、美容的な観点から、皮膚を美しい状態へ改善するための治療をする診療科です。

 

美容皮膚科では、「ケミカルピーリング」「レーザー治療」「ホワイトニング」「アンチエイジング(ヒアルロン酸注射、ボトックス注射)」「ニキビ治療」「医療レーザー脱毛」などが行われます。

 

美容外科と違い、メスを使った治療はほとんどありません。基本的には、レーザーなどの医療機器を使用する施術が多くなります。

 

美容皮膚科看護師の業務内容

 

美容皮膚科クリニックの業務内容は以下の通りです。

 

受付業務

 

美容外科と同様に、美容皮膚科に勤務する場合にも看護師が受付業務をする場合もあります。

 

美容皮膚科に来院する人の目的は「より美しく」なることです。美容皮膚科は、美容外科と同様にサービス業としての色合いが強いです。そのため、高い「接遇能力」が求められます。

 

カウンセリング

 

美容皮膚科クリニックにおいても、治療の根本となるものは患者さんとの信頼関係です。

 

患者さんの希望をしっかりと傾聴したうえで、施術に対する丁寧な説明も行い、患者さんが不安なく施術を受けることができるようにサポートする必要があります。

 

点滴、採血

 

美容皮膚科では「ヒアルロン酸注射」「ビタミン剤投与」「プラセンタ点滴」などの特殊な成分を使った治療が行われます。そのため、看護師はこれらの薬に関する知識を身につける必要があります。

 

また、看護師自身がこれらの注射による施術をする場合も多いため、注射、点滴のスキルが求められます。

 

美容の施術

 

「レーザー脱毛」「ケミカルピーリング」などは、医師の指導のもと十分に研修を受けたうえで、看護師が施術をする場合もあります。

 

このように、美容外科と美容皮膚科は、「健康な人を美しくする」という治療目的が共通しています。

 

一方で、それぞれ異なる点もあります。美容外科には「手術」という大きな特徴があるため、「手術室勤務の経験がある」「直接施術をするというよりも、サポート的な業務がしたい」という人に向いています。

 

また、美容皮膚科には「看護師自身が施術を行う場合がある」という特徴があります。そのため、「患者さんを自分の手で綺麗にしたい」「カウンセリングからアフターケアまで丁寧にかかわりたい」という人に向いています。

 

美容クリニック勤務に興味がある人は、それぞれの特徴を見極めながら、自分がどちらのクリニックで勤務したいのか検討していく必要があります。

 


サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト