看護師の美容外科・美容クリニック面接で「聞かれること」と「答え方」

 

美容クリニックは、人気の職場です。なぜなら、「夜勤なし」「好待遇」「高収入」という3拍子が揃っているからです。ここまで条件の良い職場も、なかなかありません。

 

しかし、美容クリニックは人気がある故に、他のクリニックに比べて面接の難易度は高いです。

 

そこで今回は、面接を突破して憧れの美容クリニックナースになるために、美容クリニックの面接でよく聞かれる質問とその答え方についてお話ししていきます。

 

よくある質問@ 当院に応募した動機を教えてください

 

「なぜうちのクリニックに応募してきたのか」という質問は、必ずされます。なぜなら、志望動機は採用担当者が最も重視することの一つだからです。

 

特に美容クリニックは、看護師が商品のセールスをすることも多いです。そのため、「クリニックの特徴」を正しく知っている人とそうでない人では、クリニック全体の売り上げにも関わってきてしまいます。採用する側としては、クリニックの商品を知ろうという意欲のある人を採用したいと考えます。

 

そのため、志望動機に関する質問をされたときには、ただ自分の熱意だけをアピールしてはいけません。この質問に答えるときのポイントは、「クリニックの特徴」を正しく押さえた上で「自分の経験をどう生かせるか」についてアピールすることです。

 

例えば、以下のようになります。

 

貴院は、美容皮膚科の中でも特に「アトピー治療」に力を入れておられます。ステロイドを極力用いずに、食事内容や生活習慣を見直すことで症状の改善を図る貴院の治療方針は、アトピーの根本的な改善を図る治療法です。

 

私自身アトピーで悩んでいたため、患者さんの気持ちはよく理解できます。同時に、私が美容皮膚科への就職を決意したのも、自分自身の経験があるからです。私と同じようにアトピーに悩む人を、一人でも多く悩みから解放したいというのが私の願いです。

 

私は5年間の内科病棟勤務で培った患者さんへの接遇力を生かしながら、患者さんの症状だけでなく心にも寄り添った看護を提供していきたいと考えています。そして、貴院のスタッフの一員として、アトピーに悩む患者さんの生活の質の改善に力を注ぎたいと考え、応募させていただいた次第です。

 

美容皮膚科はたくさんあります。しかし、この例文のように「ステロイドに頼らないアトピー治療をしている貴院で働きたい」ということをアピールすれば、採用担当者からは「よく調べているな」という評価を得ることができます。

 

また、今までの経験についても話すことで、「自分の経験をどう生かせるか」について相手に具体的に想像させることが可能です。

 

面接の時には、答えを一字一句暗記する必要はありません。今回の「応募動機」に関して言えば、「クリニックの特徴」「自分の経験をどう生かせるか」の2点だけをしっかり考えておきましょう。

 

よくある質問A 前職を退職した理由について教えてください

 

これは、転職した場合によく聞かれる質問です。

 

退職理由に関する質問に関する答え方は、退職理由によって「正直に話した方が良い場合」と「言い方を工夫した方が良い場合」に分けられます。

 

退職理由が「育児」「介護」「療養」の場合

 

退職理由がこれらに該当する場合は、正直に伝えるようにしましょう。なぜなら、これらは現実としてあなたが直面している問題だからです。

 

就職すると、その職場とは長い付き合いになります。いつもは何もなくても、「子どもが熱を出した」「自分の持病が悪化した」などの理由で休まなくてはいけなくなる場合もあります。そのため、自分が抱えている問題というのは正直に伝えた方がよいのです。

 

ただし、「○○という問題があります」とだけ伝えてしまうと、相手は不安に感じてしまいます。そのため、その問題に対して自分はどう対応しているかについてもしっかり述べなくてはいけません。

 

例えば、以下のようになります。

 

前職は、育児のために退職しました。子どもが0歳で小さく、総合病院で夜勤をしながらの仕事は困難であると判断したためです。

 

現在、子どもは3歳になりました。保育園も決まり、私の両親の援助も受けることが可能になっています。

 

このように、現在の状況もしっかり伝えることで、相手に安心感を与えることができます。

 

退職理由が「人間関係」「待遇」の場合

 

実際に、これらの理由で退職する人は多いです。しかし、ありのままにこれらの理由を話すと、あなたの印象が悪くなってしまうことがあります。

 

例えば、あなたが前の職場の待遇に我慢できず、退職したとします。そんなとき、仮に事実だったとしても「前の病院はひどいブラック病院で、残業代も出ず……」などと言ってしまっては、いい印象になりません。

 

退職理由が「人間関係」「待遇面」だった場合には、「キャリアアップのため」などの理由を強調しましょう。

 

よくある質問B 当院で何をやっていきたいか

 

「当院で何をやりたいですか」と聞かれたときには、今までの経験を踏まえた上で話すようにしましょう。話に説得力が増します。

 

例えば、以下のようになります。

 

私はこれまでICUで働く中で、1人の患者さんを入院から退院まで担当するプライマリーナースとしての役割を果たしてきました。

 

貴院は、1人の患者さんのカウンセリングから施術まで、すべて担当看護師が行なう方法を採用されています。これは、私が今まで経験してきたプライマリー制度と共通しています。患者さんに対する責任は大きいですが、患者さんと二人三脚で歩めるという素晴らしさがあります。

 

私は貴院で、担当患者さん一人一人の症状や悩みに寄り添いながら、患者さんが自分に自信を持って生活できるような援助をしたいです。

 

このように、今までの経験を話すだけでも説得力がぐっと増します。

 

よくある質問C 最後に、何か質問はありますか?

 

面接の最後に聞かれる質問です。

 

「ようやく面接が終わる」と緊張感がゆるみ、「ありません」と元気よく答えてしまいそうなところですが、それではいけません。なぜなら、面接官に「熱意が足りない」と思われてしまうことがあるからです。

 

だからといって、一番気になる「残業はありますか?」「給料は……」などの待遇面を聞くのも、良い印象は与えられません。

 

では何を聞けば良いのでしょうか?

 

正解は、「入るまでに勉強しておくことは何ですか?」という質問です。

 

何を勉強しておくかについては、実際に気になる部分であると思います。勉強内容についての情報を得ることができると同時に、「熱意があるな」と受け取ってもらえることも多いため、おすすめの質問です。

 

ここまでみてきて、美容クリニックにおける看護師面接によくある質問について理解できましたでしょうか。

 

面接の答えは、一字一句暗記しなくてもよいです。そうではなく、「自分の今までの経験をどう生かせるか」についてしっかりと考えておくことにしましょう。

 

また、もしも面接に対する不安が残る人は、美容クリニック専門のキャリアコンサルタントに相談することもおすすめです。

 

美容クリニック専門コンサルタントは美容業界の知識が豊富で、面接対策も心得ています。無料で面接練習をしてもらえる上に面接同行サービスもあるため、美容クリニックで働きたい看護師は一度相談してみるとよいでしょう。

 

美容クリニックへの転職方法

 


「このままの働き方でいいのかな?」と思ったことはありませんか?


少しでもそのように思ったことがあるあなたは、自分のキャリアや働き方について見直すチャンスかもしれません。


「高年収」「夜勤なし」「土日休み」の3拍子で人気の美容クリニックですが、実は「美容クリニック」に特化した転職サイトがあることをご存じでしょうか?


美容クリニックは、待遇の良さや働きやすさから、人気の高い就職先です。しかし一方で、美容クリニックは特殊領域であるため、クリニック選びや面接の際には専門のノウハウが必要になります。


そんなとき、あなたの美容クリニックへの転職をサポートしてくれるのが、美容クリニックに特化した転職サイトのコンサルタントなのです。コンサルタントに相談することにより、「美容クリニックとはどんな場所なのか」「自分の条件に合ったクリニックはどこか」「面接を突破するにはどうしたらよいのか」などの情報を得ることができます。


美容クリニックへの転職方法


注目の人気記事


・キャリアプランの考え方

「病院」や「診療所」はもちろんのこと、看護師には「学校」「企業」「保育園」「製薬会社」「コールセンター」「看護学校」など、数えればきりがないくらいに活躍できる場所があります。どのキャリアが最適なのか、まずは考え直す必要があります。
キャリアプランの考え方


・転職サイトを有効活用する方法

転職を考えるとき、多くの看護師が活用する転職サイトですが、具体的にどうようにすれば自分に合う求人を引き出すことができるのでしょうか。そのために不可欠となる秘訣を授けます。
転職サイトを有効活用する方法


・おススメ転職サイトの特徴と違い

看護師が転職を成功させる秘訣は、「転職サイトごとの特徴」を理解することにあります。こうした違いを認識することで、ようやく自分にピッタリの求人を手にしてキャリアプランを見直すことができるようになります。
おススメ転職サイトの特徴と違い


新たな看護師への道


・派遣看護師として働く方法

看護師の美容外科・美容クリニック面接で「聞かれること」と「答え方」

新しい働き方として、「派遣看護師」という方法もあります。派遣であると自由なときに働くことができるため、例えば「半年だけ看護師として頑張った後、残りは海外を旅する」ことも可能です。
派遣看護師として働く方法


・看護師単発バイトの探し方

看護師の美容外科・美容クリニック面接で「聞かれること」と「答え方」

「今月もう少しお金が欲しい」「自分の好きな日にだけ働きたい」という場合におすすめなのが、看護師の単発バイトです。健診、ツアーナース、単発夜勤など様々な種類があります。
看護師単発バイトの探し方


サイトマップ
HOME キャリアの考え方 紹介会社の活用法 お勧め転職サイト